申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

情報管理者向けOracle Content Management

統合されたデータとプロセスを通じて、自社で利用するすべてのコンテンツの作成、取得、整理、保護を行いましょう。Oracle Content Managementは、クラウド・ネイティブのスケーラビリティ、セキュリティ、およびガバナンスを提供するため、新しい文書の整理やタグ付け、既存の文書の検索など、文書管理における典型的な非効率性を排除し、より少ないリソースでより多くの作業を行うことができます。

Oracle Content Managementをすでに使用していますか?

使い始める場合も、上級者になる場合も、必要なすべてにアクセスできます。

情報管理者向け文書管理について知る

セントラル・リポジトリからコンテンツをすべて管理

請求書、契約書、設計図、報告書、画像、動画など、すべてのコンテンツをひとつのセキュアなシステムで集中管理し、ガバナンス、プロセスの自動化、検索性、再利用性を向上させることができます。

あらゆる形式のコンテンツを管理

Office文書、PDF、CADファイル、画像、動画、構造化テキストなど、さまざまな形式のコンテンツを管理することができます。標準のWebプレビュー機能をサードパーティーのビューアーで拡張し、あらゆるコンテンツ・フォーマットに対応することが可能です。

業務に合わせてコンテンツ・リポジトリを設計

メタデータとタグを使用してコンテンツ・タイプを定義し、ビジネス・アセットを最適に反映させることができます。ビジネス・ルールやプロセスに照らし合わせて、依存関係や関係性を検証します。任意の数で分類を定義し、文書の整理および構造化を行います。

セキュリティ・ポリシーをきめ細かいレベルで設定します

適切なセキュリティ許可レベルを持つ正規ユーザーのみが機密文書にアクセスできるようにします。きめ細かなセキュリティ設定により、各リポジトリにおけるビジネス文書の管理、投稿、閲覧を、アセットの種類やカテゴリー別に管理できます。

あらゆるアプリケーションからコンテンツを消費

システムに接続するための完全でオープンなAPIを使用して、あらゆるアプリケーションのコンテンツを利用できる柔軟性、人事、ERP、SCM、CRMCXアプリケーションなど、フロントオフィスとバックオフィスにまたがるコンテンツを効率的に表示します。

文書のデジタル化を自動化し、重要なビジネス・プロセスを迅速化

ハードコピーや電子文書をキャプチャし、タグ、カテゴリー、メタデータを適用して、あらゆる業務プロセスやアプリケーションからアクセスできるアセットを作成します。

すべてをキャプチャ

ネイティブのキャプチャ・ツールを使用して、スキャナー、電子メール、ネットワーク・ファイル共有など、さまざまなソースからフォーム、発注、契約、受領書、請求書などのコンテンツをすばやくアップロードして索引付けします。スマート・コンテンツ機能により、資産のタグ付けや分類に必要な手作業をなくします。

コンテンツの検索性の向上

OCR(光学文字認識)により、スキャンされたコンテンツは完全にインデックス化され、検索可能なコンテンツに変換されます。カスタマイズされた関連性、自動提案、ステミング、スペル、同義語などの高度な検索機能により、必要なコンテンツをすばやく、より簡単に検索できます。

インテリジェンスでメタデータを抽出

オラクルの学習済みエンジンは、メタデータを抽出する際にさまざまな種類の文書やフォームを認識し、適切な情報を取得します。カスタマイズされたワークフローを通じて、複数ステップによりコンテンツ検証および承認プロセスを行うことで、データの正確性を向上させます。

AIと機械学習の活用により、アセットの検索性を最大化

組込みのインテリジェンスを使用して、コンテンツを自動的にタグ付けして分類すると同時に、コンテンツのタグ付けエラーと検索性が向上します。強力な機械学習ベースのツールは、画像認識と自然言語処理(NLP)を使用してコンテンツを理解および分類するのに役立ちます。

アップロードしたアセットにスマート・タグを使用

タグ付けの精度を向上させ、事前に学習させた数百万の画像とタグに対して画像認識を使用する自動的な「スマートタグ」で手動タグを強化します。

スマートな分類で所要時間を削減

NLPによる提案で、企業独自の分類に照らし合わせてアセットを自動的に分類することで、時間と労力を低減できます。アセットのアップデートや分類の高度化に合わせて簡単に再分類できるようにすることで、コンテンツを常に検索できるようにします。

適切なコンテンツを迅速に発見

高度な検索オプションを活用して、適切なコンテンツをより速やかに検索できます。キーワード提案、ビジュアル検索、カテゴリー・フィルターにより、数百のアセットから数千万のアセットまで、必要なアセットを迅速に特定することができます。

多言語検索の利用

関連性のカスタマイズ、自動提案、ステミング、スペル、同義語をサポートする多言語検索エンジンを最大限に活用しましょう。

シームレスで文脈に応じたコラボレーションにより、コンテンツ制作のスピードアップを実現

コンテンツのファイルやフォルダを簡単に共有し、組織内外の人と共同作業を行うことができます。

チーム間でファイルをセキュアに共有

組織内で共有するために、または外部ユーザーと電子メールを介して、ファイルおよびフォルダへのセキュアなリンクを作成します。リンク先を閲覧のみに制限することで、不正なダウンロードから機密データを保護し、IPの盗難を低減します。

Microsoft Officeとの連携

Microsoft Officeでデスクトップ・プラグインやOffice 365によるクラウドで、プロジェクト・ドキュメントを直接開くことができます。更新されたドキュメントは、自動的にコンテンツ・ハブに保存されます。

一般的なファイル共有ツールへの連携

Google DriveやOneDriveなどの外部ファイル共有ツールを使って共同作業を行います。完成したアセットをコンテンツ・ハブにインポートし、ライフサイクル全体でコンテンツを効果的に管理します。

デジタル署名プラグインの使用

DigiSignやHelloSignなどのパートナーソリューションは、デジタル署名の要件に対応するために、お客様のプラットフォームに簡単にプラグインすることができます。

アセットの検証と承認の合理化

業務プロセスおよびコンテンツ・サービスを組み合せて、文書検証、プロセス承認および複雑なケース管理を含むさまざまな要件に対応します。

文書承認の合理化

Webコンソールから離れることなく、取り込んだ文書とその関連メタデータを送信し、レビューと承認を得ることができます。コンテンツの種類やリポジトリごとに、ワークフローを簡単に割り当てることができます。Oracle Integration Cloudの標準ワークフローの導入、ないしは必要に応じてカスタム・ワークフローを構築します。

ドキュメントのアップロードによるプロセスの開始

ハブに文書をアップロードして、ビジネス・プロセスを開始します。さまざまな文書タイプを簡単に設定して、さまざまなビジネス・プロセスを開始できます。

プロセスの添付とケース管理

業務プロセスに添付する文書をいくつでもアップロードでき、それらの文書をコンテンツ・ハブにセキュアに保存することができます。各プロセス・インスタンスが終了すると、文書は自動的にアーカイブされます。

全社の業務プロセス

人事、財務、業務、法務、エンジニアリング、マーケティングなど、各部門はコンテンツの管理方法と組織全体での共有方法の見直しが課題となっています。承認及び検証されたコンテンツは、人事、ERP、SCM、CRMおよびCXにわたるフロントオフィスとバックオフィスのアプリケーションに統合されるようにしましょう。

業務アプリケーションのプロセスの文脈でコンテンツを提供

業務プロセスおよびコンテンツ・サービスを組み合せて、文書検証、プロセス承認および複雑なケース管理を含むさまざまな要件に対応します。

Webコンソールのカスタマイズと拡張

カスタムフォームとレイアウトを設計し、Webコンソールを通じてアップロード・エクスペリエンスを最適化します。カスタムコネクタを作成し、ビジネスユーザーがあらゆる外部システムからコンテンツを検索し、インポートできるようにします。

コンテンツ・ウィジェットの埋込み

構成可能なWebコンポーネントにより、開発者は数行のJavaScriptを使用して、あらゆるWebアプリケーションにドキュメントビューを迅速に組み込むことができます。プラットフォームに新しい機能が提供されると、埋め込み可能なコンポーネントによってすぐに使うことができます。

フロント・オフィスとバック・オフィス間でシームレスに統合

HCM、ERP、SCM、CRMマーケティングeコマース販売サービスなどのエンタープライズ・アプリケーション内でコンテンツに直接アクセスできます。

カスタム・インテグレーションとエクスペリエンスの構築

堅牢なコンテンツAPIセットを活用して、コンテンツ機能をカスタム・アプリケーションに取り込むことができます。プラットフォーム内のネイティブSiteBuilderツールを使用して、カスタムWebエクスペリエンスを簡単に構築できます。

俊敏性を高める運用コストの排除

オラクルは100%クラウド・ネイティブなプラットフォームとして、エンド・ツー・エンドの可用性を保証し、監視、パッチ適用、セキュリティなどのすべての基本的な運用タスクを管理し、コスト削減とアジリティの向上を実現します。このため、圧倒的な投資対効果を得ることができます。

分で開始する

Oracle Cloudのアカウントにアクセスすれば、5分もかからずに本番環境向けのコンテンツ・ハブを設定できます。手動でハブのユーザーを追加したり、企業ディレクトリと統合して、ハブを必要なだけオープンまたはセキュアにすることができます。

ビジネスのニーズに合わせた拡張

リポジトリにある数千件の文書から始めて、数千万件にまで拡張することができます。自動スケーリングにより、いつでも拡張の余地することができ、使用した分だけのお支払い

最新バージョンの維持

手作業やパッチ適用のコストをかけることなく、新しいバージョンに移行して、最新機能を入手してください。サービスの中断が発生しないよう、アップデートはダウンタイムのないアプローチを使用し、毎月すべてのOracle Cloudリージョンに自動的に展開されています。

可用性の保証

オラクルは、プラットフォームの可用性において99.95%のSLAを提供しています。これは、帯域幅からストレージ、セキュリティに至るまで、Oracle Cloudのネイティブなフェイルオーバー機能を活用したマルチテナント・アーキテクチャを提供することによって実現されています。

お客様事例

Solairus Aviation、Oracle Content Managementでクライアント・ポータルを強化

Solairus Aviationは、Oracle Content Managementを使用して、航空機の管理について必要なすべての財務情報をトランザクション・レベルまでクライアントに提供します。

情報管理者の主なメリット - コンテンツ管理

コンテンツの一貫性とガバナンスの維持

コンテンツの管理(作成、承認、配布など)を一元化します。デジタル資産管理は、ブランドの一貫性を維持し、コンテンツの品質を管理するのに役立ちます。

デモを見る (1:42)

従業員エクスペリエンスの変革

オフラインプロセスのオンライン化、リアルタイムのチーム間コラボレーションのサポート、テクノロジーの接続、コンテンツの新しいデジタルチャネルへの拡張を可能にするヘッドレスCMSプラットフォームを使用して、従業員ライフサイクルの各段階で、ビジネスを変革します。

時間の短縮、作成コストの削減、およびコンテンツの可視性の向上

コンテンツの作成、管理、公開、配信を統合し、パーソナライズされたコンテンツを大規模に作成し、さまざまなチャネルでリアルタイムに配信することができます。

コンテンツとビデオの作成、管理、および配信 - 詳細