申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Contextual Intelligence

さらに優れたデジタル広告キャンペーンの結果を推進し、予算を保護するブランド・セーフティ・ソリューション。

Oracle Moatによる測定

広告の提供場所、ブランドの評判の保護、キャンペーンの実行など、より情報に基づいた意思決定を行うことができます。

デジタル広告のブランド・セーフティとブランド適合性とは

ブランド・セーフティとは

ブランド・セーフティとは、ブランドの評判を保護し、危険な環境に表示されないようにすることです。その重点領域は自社のブランドを積極的で信頼性が高く非対立的な他のブランドとアライメントすることです。従来、ブランド・セーフティは、問題のある不適切なブランド連想を回避するために、キーワード・ブロック、URLブロックリストなど、基本的な戦術を必要としてきました。

ブランド適合性とは

ブランド適合性は、ブランド・セーフティの進化であり、マーケティング担当者がブロックする環境と広告対象のコンテンツをより詳細に制御し、正確に提供できます。ブランド・セーフティが幅広いブロッキング手法に依存している一方、ブランド適合性は、独自のブランド・プロファイル、市場調査の分析情報、および戦略的位置付けを使用して、広告の特定の環境を特定し、ターゲティングします。

ブランド適合性はコンテンツの根本的な意味とページにあるものの真のコンテキストを理解することに基づいています。これには、URL文字列と特定のキーワード以外のコンテンツを分析して、用語とフレーズの関係、およびそのより広い意味を決定することが含まれます。

ブランド・セーフティとブランド適合性が重要な理由

ブランド・セーフティ対策はデジタル広告主、代理店、およびパブリッシャーにとって重点領域になっています。不十分なブランド・アライメントによって、顧客が離れ、失われるリスクがあります。このため、ブランド・セーフティは、広告主とパブリッシャーにとって常に重要な役割を果たします。

最近、コロナウイルス・パンデミックによって、ブランド適合性に業界がシフトしました。マーケティング担当者が導入するソリューションへの管理と信頼をさらに求めるにつれて、基本的なブランド・セーフティ戦術は、かつてほど効果的ではないことが明らかになっています。

ブランド適合性は、デジタル広告主がブランド構築向けの安全で適切な在庫をターゲティングできる厳格なコンテキストベースの保護を提供して、リスクと機会の間の差を縮めるために役立ちます。

ブランド・アライメント

一貫性のある継続的な物語をコミュニケーションして、すべての顧客向けマーケティングおよび広告資産がブランド・プロミスを支持できるようにする実習。自社のブランドは、提供するカスタマー・エクスペリエンス(CX)が顧客の期待と一致したときに連携します。

ブランド・セーフティがさらに困難になっている理由

ブランド・セーフティはブランドと顧客の間の信頼の喪失を防ぐためのものです。信頼がない場合、収益、ブランド・エクイティ、および顧客の認識は低下します(あるいは、存在しなくなります)。ここでの成功のカギは、デジタル広告主とブランド・セーフティ・ベンダーの間の透明性の高い関係です。広告主は、デジタル広告への取り組みに採用されるブランド・セーフティ戦略が、文化とともに進行し、新しいトピックを吸収できる一方、コンテンツをブロックしすぎず、安全ではない不適切なコンテンツを許可しないことを知る必要があります。

キーワード・ブロックとドメインレベルの許可とブロックリストは、多くの場合、このような穴を残します。多くのキーワードには複数の意味があり、URLドメインは広範なサブジェクト・マテリアル間でコンテンツをホストできます。どちらの戦略も、広告主に十分な広範囲な保護を提供することに不十分です。このため、ブランド・セーフティ・ベンダーと広告主の間に、透明性の高い関係が存在する必要があります。プログラム的な広告によって、メディア購入の直接管理がなくなることを考えると、ブランドは、選択したパートナーに対して信頼を得る必要があります。このため、ブランド、代理店、パブリッシャー、テクノロジー・ベンダー間の関係は、透明で、証拠ベースの決定に基づきます。

プログラマティック広告

使用アルゴリズム・ソフトウェアによって、デジタル/オンライン広告スペースを自動的に購入および販売するプロセス。

コロナウイルス・パンデミック中のブランド・セーフティ対策

コロナウイルスによって、コンテンツ消費と作成サイクルを支配して、ブランド・セーフティに関する新しい課題が生じました。

コンテンツ、eコマース、帯域幅、およびパートナーに関する整合性は唯一の重点領域になりました。信頼性と関連性の高いコンテンツを明らかにし、重要な場所に配置し、不正な販売者をブロックし、リーチを促進し、ブランド・セーフティを保証するパートナーと協力することは、最近の重点領域です。

多くの広告主と代理店は、一次元のキーワードと包括的ブロックも持続可能な戦略ではないと結論付けた。

広告におけるブランド・セーフティとコンテキストの進化

広告におけるブランド・セーフティとコンテキストの進化

現在、ブランド・セーフティを上回ることが重要です。強固なブランド適合性戦略は、ブランドが適切に一致し、有害なコンテンツを定義すると同時に回避するために、確実なブランド適合性戦略を持つ必要があります。ブランドによっては、ブロックリストとキーワードだけでは不十分です。デジタル広告キャンペーンをブランド・セーフティからブランド適合性に進めることを検討している場合は、このビジネス概要を確認してください。この概要では、ブランド・セーフティ・テクノロジーが、両方の戦略を市場に導入するために、どのように役立つかを説明しています。

現在のコンテキストとブランド・セーフティ

ブランド・セーフティの落とし穴や不正行為は、現在のコンテンツとニュース・サイクルに適応していない戦術に起因する可能性があります。コンテキスト - 言語や解釈物質のニュアンスに対するページおよびアカウンティングの真の意味を理解します。キーワード、URLブロックなど、幅広く使用されているブランド・セーフティ戦略は、迷惑の解釈をサポートしません。多くの場合、この難問によって、ブランド・セーフティが規模と競合します。実際、この2つは相互に排他的なものにする必要はありません。

しかし、難題と課題だけではありません。調査によると、広告主は最もよく知っていることから離れたくないと考えています。すべての人は自分が知っていることに安心しています。ページ全体のコンテキスト解析を実現する高度なテクノロジーとソリューションがあっても、キーワード・ブロックという基本的な戦術は存続します。その理由は、快適さに加え、デジタル広告主の大半は、より優れた選択肢がどのようなものであるか、新しい戦術やソリューションがどのように機能するのか、また最終的には、それから利点を享受することがどの程度簡単であるかを意識していないでしょう。

ブランドと広告主は、コンテキストによって、ブランド・セーフティと規模という点で高いレベルの利点を享受できます。最新のコンテキスト・テクノロジーは、費やされたすべての金銭の影響を最大化し、ブランドのコンバージョン・レートを高め、顧客獲得を向上させます。コンテキスト・インテリジェンスによって、即時性、関連性、ブランド・セーフティおよび分析情報を保証し、ターゲティングを維持しながらリーチを向上させることができます。

ブランド適合性戦略のさまざまなタイプとは

ブランド適合性への道のりには3つの段階があり、それぞれが新しい度合い洗練を表しています。広告主、代理店、パブリッシャーのいずれであっても、ブランド適合性戦略について、どこに位置しているかを判断し、目標をうまく達成するために必要なツールとテクノロジーが整備されているかを判断する必要があります。

1. レガシーの保護

  • 現在、大部分の広告主は、インベントリをブロックするためのドメインおよびキーワード・レベルのブロックリストとターゲティングによって、ここにいます。ここでは、スケーラビリティが問題です。保護のレベルが不十分であり、安全で関連性の高いコンテンツがブロックされる場合が多いです。

2. ベースラインの保護

  • このレベルで先を見越したアプローチを採用し、特定のコンテンツと在庫をブロックするための事前入札ソリューションを実装するとともに、不正な印象を特定して回避しています。

3. ブランド適合性

  • この段階では、ブランド・セーフティとブランド適合性へのカスタマイズされたアプローチを開発および導入するために、ブランド独自の品質と特性を活用しています。ターゲティングおよび回避へのアプローチを正確に定義して制御し、リスクと報酬のバランスを保証できます。