申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

HRISとは

人事情報システム(HRIS)は従業員の詳細情報および人事関連のポリシーと手続きを維持、管理、および処理するソフトウェア・ソリューションです。HRISは、情報管理のインタラクティブ・システムであり、人事(HR)の業務とプロセスを標準化するだけでなく、正確な記録管理と報告を簡素化します。

基本的に、人事システムは、従業員に関する情報を企業に提供し、逆に従業員に戻す双方向のものです。HRISは、紙ベースと手動の人事関連プロセスを排除して、従業員と企業の間のさらに効率的なやりとりを実現するため、人事担当者は、さらに戦略的な高価値の仕事を行うことができます。

HRIS、HRMS、HCMの違いとは

HRIS人事管理システム(HRMS)、および人材管理(HCM)という用語は同じ意味で使用されることがよくあります。しかし、企業がどの機能を有効にするかによって、3つの間に微妙な違いが生じる可能性があります。

HRIS

元は、管理職の従業員記録を残すための基本的なシステムを表していました。人事機能が複雑になるにつれて、HRISは人材獲得、採用、継続的な従業員データ管理および処理などのプロセスを組み込んでいます。

HRMS

企業がますます高度化するソフトウェアと自動化されたタスクを人事機能に使用するようになったため、この用語は使用されるようになりました。しかし、依然としてHRISと同じ意味で使用されています。現在のHRISは給与計算管理と勤怠を含む場合があります。

HCM

また、人事機能と人材管理のすべての側面をカバーするさらに幅広い包括的なソリューションを表します。また、業績管理、学習、後継者育成、報酬計画、戦略的人材計画、他のすべての人事計画活動など、高度なタレント・マネジメント業務も含まれています。HCMは、データベース、トランザクション、戦略など、さまざまな人事機能をカバーしています。

HRISシステムとは2本の柱

HRISは、従業員とポリシーを管理して、企業の効果全体をサポートするための基盤を構築する2本の柱に基づいています。

組織設計

構造的な観点から、HRISには、役割、機能、および報告階層が含まれます。HRISは、組織構造を定義して、説明責任を認識させ、運用の機能性と一貫性を高める道筋を提供します。

適切なHRISは、適切な人材を配置して、ビジネス上の課題に対処できます。HRISは、人材獲得と採用のデータを一貫して自動管理して、戦略的目標を達成するために、適切なスキルを持った人材が適切な部署で適切な体制で勤務できる従業員を構築できます。

戦略的な人材計画の詳細(PDF)

従業員データ管理

HRISは、顧客関係管理に類似していますが、企業と従業員の関係で名前、住所、入社日、報酬、福利厚生の選択など、すべての従業員を包括的に把握できます。適切なデータがあると、従業員とのつながりを深め、キャリア・プランを策定し、適切な研修を実施し、従業員の業績を次のレベルに引き上げることができます。

HRISは自動化および標準化された記録管理、報告、およびセルフサービスの機能を実現します。この結果、さらに正確な最新の情報管理で効率を向上するだけでなく、従業員にとっての利便性と使いやすさを改善することもできます。

タレント・マネジメントの詳細

HRISの特徴、機能、およびユーザー

一般的なHRISは採用と人材獲得、報酬、組織管理、および欠勤管理(休暇、病気休暇、個人的な休暇など)を支援する基本的な機能を実装しています。ビジネス・ニーズに応じて、機能を追加できます。

人事関連の業務を自動化し、手続きとポリシーにセルフサービスでアクセスできるようにすると、全社の標準化と一貫性を生み出すだけでなく、人事業務の効率を向上し、さらに優れた従業員エクスペリエンスを提供することもできます。

社内の誰もが、従業員というだけで、HRISのユーザーですが、HRISのパワー・ユーザーは、人事管理者、給与計算担当者、タレント・マネジメント担当者、およびリクルーターです。このような従業員の仕事のかなりの部分はHRISとの定期的なやりとりです。

人事システムの課題

すべてのビジネスは、ユニークであり、独自の課題を抱えています。HRISは、このような懸念に対処する必要があります。HRISの最も一般的な課題は次のとおりです。

  • データのプライバシとセキュリティHRISの管理で最も懸念されることの一つは従業員データのプライバシーとセキュリティを確保することです。このようなシステムには、保護する必要がある膨大な量の機密データが含まれています。企業が直面するHRISの重要な課題は、システムにアクセスするすべてのユーザーが、閲覧権限のない情報にアクセスせずに、タスクの実行に必要な情報を正確に取得できる高度なソリューションをどのように導入するかです。
  • 規制とコンプライアンス。HRISデータ・アクセス・ルールは規制法令に準拠している必要もあります。すべての企業はHRISが常に変化する規制に準拠していることを確認する必要があります。特に、グローバル展開する企業にとっては、困難です。有用性と機能は、すべてのユーザーが、機密保持と法律に違反せずに、システムによって、迅速で簡単に取引を行うことができるかどうかによって決まります。

    グローバルに導入できるオールインワンのHRシステムの詳細
  • ビジネスの創造的破壊。HRIS機能を継続的に変更することも課題になっています。破壊的なイノベーションが続く時代、企業はHRISを常にアップグレードおよび改善することに苦慮することもあります。同様に、ビジネスに適したHRISの選択も複雑な可能性があります。非常に多くのオプションと機能が提供されているため、ビジネス目標と最も一致するシステムを選択することが重要であり、有用ではない可能性があるコンポーネントに気を取られることはありません。

    グローバルに導入できるオールインワンのHRシステムの詳細(PDF)

HRISをクラウドに移行する利点とは

クラウドHRISの導入は、オンプレミスHRISと比較して、次の多くの利点があります。

  • 容易なスケーラビリティ。クラウドでは、ビジネス・ニーズの変化に応じて、スケールアップとスケールダウンを簡単に行うことができます。また、財務の柔軟性を向上し、業務の拡大または縮小に応じて、コストをさらに適切に管理できます。
  • 資本的支出ではなく営業費用をさらに管理します。クラウドでは、使用したぶんだけ支払うため、高コストのインフラストラクチャに投資する必要はありません。経費は資本的支出ではなく営業費用です。
  • イノベーションへの迅速で簡単なアクセス。クラウドでは、開発と導入が非常に迅速に行われるため、アップグレードとイノベーションがさらに迅速に提供されます。

HRISをクラウドに移行する10の理由

オンプレミスのHRISソリューションは、クラウドの機能には、まったく及びません。クラウドに移行する10の理由は次のとおりです。

  • 1. ニーズに応じてカスタマイズされたシンプルで直感的なユーザー・エクスペリエンス
  • 2. 状況の変化に対応できる柔軟なアーキテクチャ
  • 3. AIファーストのアプローチで構築された洞察力と業務効率を向上するインテリジェントなアプリケーション
  • 4. さらに優れたビジネス価値を提供する簡単なアップグレード
  • 5. 新しいテクノロジーによる継続的なイノベーション
  • 6. クラス最高の多層的なデータ・セキュリティおよびプライバシー機能
  • 7. エンゲージメントの高い活気のある人事コミュニティによるベストプラクティスの共有
  • 8. クラウド・ジャーニーのすべてのステップのエキスパート・パートナーシップ
  • 9. グローバル展開をサポートする設計
  • 10. 1つのソリューション・パートナーで人事を完全にカバー

最適なHRISの選択に関する主要な考慮事項

企業固有のニーズを満たすには、HRISソリューションをカスタマイズする必要があります。しかし、すべての企業が選択したHRISソリューション・プロバイダーから提供されていることを確認する必要がある2つの主要な機能分野があります。

  • 1.ソリューションは人事管理のすべての面をカバーできる必要があります。これには、採用、オンボーディング、学習、後継者育成、および人事ヘルプデスクが含まれます。ニーズの変化に応じて、ニーズのすべてをカバーする包括的なエンドツーエンドのソリューションにアクセスする必要があります。現在、適切なことが、将来、十分であるとはかぎりません。

  • 2.このソリューションは、人事を財務と連携するさらに幅広いエンタープライズ・ソリューションの一部にする必要があります。人件費は、どの企業でも最大のコスト要因の一つです。従業員に関するすべての意思決定は財務的な影響を及ぼします。企業は、人材と財務の両方、およびその関係を完全に可視化することが不可欠です。最適なHRISは財務機能に密接に関連しています。このシステムは、企業の財務と同じプラットフォーム上にあり、同じテクノロジーを使用することが最適です。

HRISの未来

自動化されたテクノロジーが進化するにつれて、職場は大幅に変化しています。人間がさらに高度な方法でテクノロジーとますます連携していきます。この結果、多くのビジネス上の利点が生じる一方、職場の非人間化というリスクも生じます。皮肉なことに、人事の分野では、テクノロジーの進歩によって、非人間的な従業員データ管理システムから、職場でさらに人間的なエクスペリエンスを生み出すシステムに、HRISを変革する機会が生じています。

今後のHRISは、さらに役立ち、直感的になるため、従業員が、さらに優れた結果によって、簡単で迅速に目的を達成できます。このようなシステムは、AIと機械学習(ML)を使用して、従業員が何を達成しようとしているかを感知し、住所変更から最適な研修の受講まで、ソリューションを先行的に提案できます。バックエンドの運用面では、HRISイノベーションがさらに管理しやすくなります。アップグレードと新しいリリースのインストールは、さらに簡単になり、カスタマー・ニーズに応じて、カスタマイズできます。

新しいテクノロジーをHRISに導入する企業は、テクノロジーと人間が連携して、すべての人にとってさらに優れた結果を生み出す環境に職場を変革する動きの一翼を担います。この変革の中心にあるものが人事機能です。HRISをクラウドに移行すると、職場は、さらに人間的になるだけでなく、テクノロジー主導のさらに高度な業績を達成することもできます。

包括的な人事ソリューション

財務とHCMの連携など、人事システム全体を見渡すことができるソリューションをお探しください。オラクルはHCMおよびERPソリューションを同じOracle Cloud Platformに構築しており、Oracle Cloud HCMは、このような機能を実装する唯一のHCMソリューションになっています。