該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
planning

Oracle Smart View for Office

分析、更新、レポート

Oracle Smart View for Office(Smart View)は、OracleのEnterprise Performance Management(EPM)およびBusiness Intelligence(BI)専用に設計された共通のMicrosoft Officeインタフェースです。Smart Viewを使用することで、Microsoft Excel、Word、PowerPointのインタフェースで、データの表示、インポート、操作、配布、共有を行うことができます。Smart Viewは、Microsoft Office製品からEPMとBIのコンテンツにアクセスし、そのコンテンツを統合するための包括的なツールです。

  • 非定型分析またはフリー・フォーム分析
  • OfficeでのEPMおよびBIのデータ
  • レポート設計
  • 事前に作成されたコンテンツへのアクセス
最新バージョンをダウンロード

非定型分析またはフリー・フォーム分析
データと対話する環境を必要とするユーザーのための機能です。一般にユーザーは、Excel環境を使用して、ソースに格納されているデータを対話形式で調査します。まず、プロセスを開始するテンプレート(東部->コーラ->売上など)から始めるか、または公開されている機能を使いながらデータのグリッドを形成して変更する空白のシートから始めます。通常ユーザーは、主にクリックとドラッグ・アンド・ドロップを使用して、Oracle EPMのソース(Essbase、Planning、Financial Managementなど)からデータを取得します。非定型分析がサポートされているその他のデータ・ソースには、Oracle Business Intelligence Enterprise Editionなどがあります。

事前定義フォームとのやり取り
EPMアプリケーションで事前に定義された入力フォームやレポート作成フォームを実行するユーザーにとって、Smart ViewはOffice環境内でタスクを実行する便利な方法です。これには、計画担当者や連結担当者、あるいはWebアプリケーションに比べて使い慣れているExcel環境での作業を望むユーザーや、他のスプレッドシートベースのモデルをプロセスと連携させたいユーザーなどが該当します。たとえばPepsi Bottling社では、スプレッドシートベースのモデルとワークブックベースのモデルに格納されているデータを統合するために、Smart View for Planningを使用しています。

レポート設計
Smart Viewを使用するもう1つの局面はレポート作成で、ここではEPMのデータ取得機能が利用されます。データがOfficeで使用可能な状態になると、データ・ソースを組み合わせて必要なレポートを作成できます。たとえば、PlanningとFinancial Managementのデータを使用して、実績と予算を比較することができます。また、複数のシナリオ(複数の異なる期間など)を比較する機能を使用して、さらに複雑なレポートを作成できます。Office環境でOfficeの強力な機能を利用してレポートを作成し、必要に応じて定期的に更新することができます。

事前に作成されたコンテンツへのアクセス
さらに別の用途として、事前に作成されたコンテンツ(チャートやグリッドなど)を、Oracle Business Intelligence Enterprise EditionからPowerPoint、Word、またはExcelにインポートすることができます。インポートしたコンテンツは、Office 環境から更新することができます。

Smart Viewのおもな機能

  
  • EPMおよびBIのデータをデータ・ソースからMicrosoft Word、Microsoft PowerPoint、およびMicrosoft Outlookに直接統合する機能
  • Hyperion Financial Management、Hyperion Essbase、Hyperion Planning、およびOracle Business Intelligence Enterprise Editionに対する非定型分析機能とフリー・フォーム分析機能
  • リレーショナル・ソースまたはマルチディメンション・ソースからのデータ・アクセス
  • Hyperion Planning、Hyperion Financial Management、Hyperion Workforce Planningのデータ入力フォームを利用するための代替Officeベース・インタフェース
  • エンドユーザー向けにスマート・スライスと呼ばれるデータ・パースペクティブを作成する機能
  • OfficeアプリケーションからHyperionレポート作成ジョブを実行する機能
  • OfficeドキュメントからワンクリックでHyperionデータを動的に更新する機能
  • ワークスペース・リポジトリ内のドキュメント(Financial Reporting、Interactive Reporting、SQR、Web Analysisで作成されたレポートなど)から複数のページを選択してOfficeドキュメントにインポートする機能
  • 視点(POV)検索による効率的なコンテキストベースの検索
  • Microsoft Excelの高度に書式設定されたグリッドのサポート
  • EPMおよびBIのデータを使用したExcel、Word、PowerPointでのレポート作成
  • Officeベースの分析インタフェースを独自に開発するための包括的なVBAツールキット

新着情報

ディスカッション | すべて表示

Hyperion Performance Management and BI (v11.1.2.x) ダウンロード

Hyperion Performance Management and BIの最新版は、こちら(USサイト)からダウンロードをお願いします。

OTNソフトウェア・ライセンス同意書 に同意できる方のみ、ダウンロードいただけます。)