申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Data Relationship Management

Oracle Data Relationship Management(DRM)は、基礎的なトランザクション・システムと分析システムをサポートするために、無限の変更が必要であるにもかかわらず、マスター・データ資産の一貫性を構築および保持するためのエンタープライズ変更管理ソリューションです。企業が成長および発展するにつれて、合併と買収、部門の取り組み、またはレガシー・システムの急増に起因する情報サイロにわたってマスター・データを管理することが不可欠になります。データの一貫性、整合性、品質、および精度が損なわれ、発生する情報と分析結果を誰も信頼しません。Oracle DRMは急速に変化する動的なビジネス環境で財務と分析のマスター・データ管理を実現するために構築されたデータ・モデルに依存しない業界初のマスター・データ管理ソリューションです。

オラクルの幅広いアプリケーション・ソリューションについて説明します。

Oracle Data Relationship Management

財務MDM

総勘定元帳システム、財務連結、財務計画、および財務予算システムにわたる財務構造と報告体制の一貫性のある定義に基づいて、進行中の財務管理と財務連結を管理するために、勘定、コスト・センター、および法人の財務チャートのエンタープライズ・ビューを作成します。

分析MDM

Oracle DRMのデータ・モデルに依存しない基盤によって、分析ディメンション、レポート構造、パフォーマンス指標、および関連する属性と階層のエンタープライズ・ビューを作成します。企業のガバナンス・ポリシーを適用する検証とビジネス・ルールに基づいて、マスター・データ構成によって、参照整合性と一貫性を維持する部門の視点を構成します。マスター・データをBI/EPMシステム、データ・ウェアハウス、データ・マートなどのダウンストリーム・システムと同期して、信頼できる分析結果を得ます。

データ・ガバナンス

企業は、データ・ガバナンスによって、マスター・データ、エンタープライズ・ディメンション、階層、リレーションシップ、関連付けられた属性、マッピングなどのエンタープライズ情報資産の変更、管理、および修復を処理するために、データ管理者が使用するプロセスと方法にビジネス・プロセスの管理と自動化を行うことができます。Oracle Data Relationship Governance(DRG)は完全に設定可能なコラボレーション・ビジネス・アプリケーションです。最前線のビジネス・ユーザー、特定分野のエキスパート、署名機関、およびデータ管理者の間で変更リクエストの承認とデータの修復のワークフローを自動化します。また、自動的で反復可能なビジネス・プロセスによって、データ品質、ポリシー・コンプライアンス、およびユーザー・コラボレーションを実現し、ビジネス・コミュニティ全体の意識を変革します。

はじめる


ライブ・デモのリクエスト

Oracle Cloud EPMエキスパートによるライブ・デモをご覧いただけます。


ツアーを見る

Cloud EPMのツアーをご覧ください。


営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud EPMについて当社チームの担当者がご案内します。