該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

よくある質問

すべて開く すべて閉じる

    全般

  • Oracle Cloud Infrastructure Computeとは何ですか。

    Oracle Could Infrastructure Computeは、妥協のないパフォーマンス、柔軟性、コントロールを備えたベアメタルおよび仮想マシン(VM)のコンピュート容量を提供するWebサービスです。オラクルのインターネット規模の次世代インフラストラクチャ・サービスを搭載し、現代の企業が要求の厳しいアプリケーションやワークロードをクラウドで開発および実行する際に、費用を抑えながら、より多くの成果を上げることができるように設計されています。

  • Oracle Cloud Infrastructure Computeで何ができますか。

    Oracle Cloud Infrastructure Computeでは、使いやすいWebコンソールを使用して、数分でコンピュート容量をプロビジョニングできます。ベアメタル・コンピュート・インスタンスでは、プロビジョニングされると、ホストにアクセスできるようになります。これにより、要求の厳しいアプリケーションやワークロードに必要となる妥協のない柔軟性、コントロール、パフォーマンスを手に入れることができます。料金は使用した分だけの支払いです。

  • リージョン、可用性ドメイン、フォルト・ドメインとは何ですか。

    Oracle Cloud Infrastructureはリージョンにホストされ、各リージョンには少なくとも3つの可用性ドメインが含まれています。リージョンとは、“ドイツ”や“米国西部”などの地理的な地域のことです。可用性ドメインとは、少なくとも1つのデータ・センターで構成される、分離されたフォルト・トレラントなリソースのセットです。それぞれの可用性ドメインは、建物、発電機、冷却装置などのインフラストラクチャを共有していません。1つの可用性ドメインで障害が発生しても、他の可用性ドメインの可用性に影響はありません。

    フォルト・ドメインとは、可用性ドメイン内のハードウェアとインフラストラクチャをグループ分けしたものです。フォルト・ドメインにより、単一の可用性ドメイン内の同じ物理ハードウェアにインスタンスが集中しないようにインスタンスを分散できるため、フォルト・トレランスを一層強化することができます。各可用性ドメインには、3つのフォルト・ドメインが含まれています。1つのフォルト・ドメインに影響するコンピュート・ハードウェアのハードウェア障害やメンテナンスは、他のフォルト・ドメインのインスタンスには影響しません。

  • Oracle Cloud Infrastructureにはどのようなコンピュート製品がありますか。

    Oracle Cloud Infrastructure Computeには、お客様のアプリケーションやワークロードに必要なオプション、柔軟性、コントロール、パフォーマンスが用意されています。使いやすいWebコンソールまたはAPIで、数分でコンピュート・インスタンスをプロビジョニングできます。Oracle Cloud Infrastructureでは、ベアメタル、仮想マシン(VM)、およびGPUインスタンスが提供されています。

    • ベアメタル・インスタンス:ベアメタル・コンピュート・インスタンスは、完全にお客様専用の物理サーバーです。すでに所有しているサーバー・ライセンスを既存のライセンス条項に基づいて活用できるため、コンプライアンス要件への対処に役立ち、費用を節約できます。妥協のない未加工のパフォーマンスを提供し、最新世代のNVMe SSDを備えたインスタンスも含まれています。これらのインスタンスは100万回を超えるIOPSを提供し、I/O集約型のアプリケーションやビッグ・データ・ワークロードの実行に最適です。ベアメタル・コンピュート・インスタンスでは、選択したソフトウェアのみを実行でき、完全に制御することができます。インスタンスにオラクルにより適用されるソフトウェアはありません。
    • VMインスタンス:VMコンピュート・インスタンスは、マルチテナント・ホスト上にある分離されたOS環境です。仮想クラウド・ネットワーク(VCN)のVMおよびベアメタル・インスタンスを並べてプロビジョニングし、同じコンソールとAPIを使用してそれらを管理することができます。VMコンピュート・インスタンスでは、さまざまなシェイプが用意されているため、幅広いアプリケーションおよびワークロード・ニーズに合わせてデプロイメントをカスタマイズできます。大規模なローカルNVMe(Non-Volatile Memory Express )SSDストレージを備えた、高性能インスタンス・タイプを提供するDense I/O VMもあります。
    • GPUインスタンス:GPUコンピュート・インスタンスは、VMまたはベアメタル・インスタンスとして利用でき、VCNに他のインスタンスと並べて展開し、同じコンソールとAPIで管理することができます。これらのインスタンスはNVIDIA GPUを搭載しており、GPU対応ワークロードやCUDAワークロードに適しています。GPUコンピュート・インスタンスでは、さまざまなシェイプが用意されているため、お客様のワークロード・ニーズに合わせてデプロイメントをカスタマイズできます。
    • HPCインスタンス:HPCコンピュート・インスタンスは、ベアメタル・インスタンスとして利用でき、VCNに他のインスタンスと並べて展開し、同じコンソールとAPIで管理することができます。高クロックレートのCPUを搭載しており、さまざまな高性能コンピューティング(HPC)ワークロードに適しています。
  • インスタンスの作成にどれくらい時間がかかりますか。

    コンピュート・インスタンスは、シェイプやサイズに関係なく、Oracle Cloud Infrastructureコンソールからプロビジョニングするか、LaunchInstanceRequest APIコマンドを発行してから数分以内に起動します。

  • 起動後にインスタンスにアクセスするにはどうすればよいですか。

    Linuxインスタンスの場合、認証用の公開鍵と秘密鍵のペアによる業界標準のセキュア・シェル(SSH)プロトコルを使用して、インスタンスにリモートで接続できます。Windowsインスタンスの場合、ユーザー名とパスワードによるリモート・デスクトップ・プロトコル(RDP)クライアントを使用できます。

  • インスタンスの起動時に実行するカスタム・スタートアップ・スクリプトを構成できますか。

    はい。LaunchInstanceDetailsオブジェクトでmetadata属性のuser_dataキー/値ペアにカスタム・スタートアップ・スクリプトを含めることで、プロビジョニング・ワークフローの一部としてスクリプトを実行できます。詳細については、LaunchInstanceDetails APIに関するドキュメントを参照してください。

  • インスタンスを削除または終了せずに停止できますか。

    はい。インスタンスを削除せずに停止できます。コンピュート・サービスでは、インスタンスに対して次のアクションがサポートされています。

    • 停止:インスタンスをシャットダウンします。StandardのVMおよびベアメタル・インスタンスの場合、請求は一時停止します。HPC、High I/Oのベアメタル、Dense I/OのベアメタルおよびVMインスタンスの場合、インスタンスを終了するまで請求が継続されます。
    • 再起動:インスタンスを再起動します(ACPIの再起動を発行します)。
    • 終了:インスタンスをシャットダウンし、コンピュート・リソースを解放します。このアクションを元に戻すことはできません。後で再び使用できるように、インスタンスのブート・ボリュームを保持することができます。ブート・ボリュームを保持しない場合は、割り当てが解除され、消去されます。ローカルNVMe SSD(ストレージ向けに最適化されたインスタンス用)のデータは安全に消去されます。コンピュート・インスタンスに対する請求は停止します。
  • 消費したリソースについて料金の支払い方法を教えてください。

    お客様はshop.oracle.comにアカウントを作成することにより、事前のコミットメントなしにOracle Cloud Infrastructureリソースを消費できます。料金は使用した分だけの支払いとなります。既存のお客様は、営業担当者に連絡して既存のクレジット・プールを有効にするか、新しいプールを購入して、公開されている従量制の料金に基づいてOracle Cloud Infrastructureリソースを消費できます。

  • インスタンスの状態を監視するにはどうすればよいですか。

    Oracle Cloud Infrastructureは、コンピュート・インスタンスに対する柔軟性、アクセス、およびコントロールを提供しています。Microsoft SysInternals(sysmon、diskmon、process monitor)やLinux監視ツール(sysstats、vmstate、iostate)などのさまざまな監視ツール、またはOracle Enterprise Managerなどのエンタープライズ管理ツールを使用して、コンピュート・インスタンスの状態を監視できます。詳細については、Oracle Enterprise Managerに関するドキュメントを参照してください。

  • Oracle Cloud Infrastructure Computeの使用を開始するにはどうすればよいですか。

    Oracle Cloud Infrastructure Computeには、Oracle Cloud InfrastructureコンソールREST API、または SDKを介してアクセスできます。オラクルのお客様はshop.oracle.comにアカウントを作成することにより、事前のコミットメントなしにすべてのリソースを消費できます。料金は使用した分だけの支払いとなります。または、営業担当者に連絡して既存のクレジット・プールを有効にするか、新しいプールを購入して、公開されている従量制の料金に基づいてOracle Cloud Infrastructureリソースの使用を開始できます。

    アカウントがプロビジョニングされたら、詳細についてサービス・ドキュメントの入門ガイドを参照してください。インスタンスを初めて起動する場合の手順を示したチュートリアルが提供されています。

  • 前世代のインスタンスに推奨されるアップグレード・オプションは何ですか。

    Oracle Cloud Infrastructureは、前世代のコンピュート・インスタンスを実行しているお客様も引き続きサポートします。ただし今後も新しいインスタンス・タイプが引き続きリリースされるため、最高のパフォーマンスと価格設定を活用できるよう、最新の製品を使用することをお勧めします。前世代のインスタンスと推奨されるアップグレードについては、以下のリストを参照してください。

    Bare Metal High I/O(BM.HighIO1.36)

    BM.HighIOベアメタル・シェイプを使用しているお客様については、X7ベースのDense I/O仮想マシン・インスタンスにアップグレードすることをお勧めします。X7ベースのVM.DenseIO2.16シェイプでは、16個のOCPU、240 GBのRAM、12.8 TBのNVMeストレージを含む、新しいIntel Skylakeプロセッサーが低価格で提供されています。また、X7ベースのVM.DenseIO2.16シェイプではネットワーク帯域幅も向上されています。詳細については、サービス・ドキュメントのコンピュート・シェイプを参照してください。CPU集約型のワークロードのお客様の場合、24個のOCPU、320 GBのRAM、25.6 TBのNVMeストレージを含むVM.DenseIO2.24シェイプなど、さらにCPUの多い製品を選択することもできます。

    インスタンス・タイプ 1か月あたりのサービス内容 推奨アップグレード・オプション
    High I/O BM.HighIO1.36
    • OCPU:36
    • メモリ:512 GB
    • ローカル・ディスク:12.8 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:10 Gbps
    • 追加ストレージ:最大1 PBのリモート・ブロック・ボリューム
    X7ベースのVM.DenseIO2.16
    • OCPU:16
    • メモリ:240 GB
    • ローカル・ディスク:12.8 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:16.4 Gbps
    • 追加ストレージ:最大1 PBのリモート・ブロック・ボリューム

    「X5」シリーズのコンピュート・インスタンス・シェイプ

    SKUタイプ 「X5」コンピュート・インスタンス・シェイプ 推奨される代替オプション
    Bare Metal Standard – "X5" BM.Standard1.36
    • OCPU:36
    • メモリ:256 GB
    • ネットワーク帯域幅:10 Gbps
    X7ベースのBM.Standard2.52
    • OCPU:52
    • メモリ:768 GB
    • ネットワーク帯域幅:2x25 Gbps
    AMDベースのBM.Standard.E2.64
    • OCPU:64
    • メモリ:512 GB
    • ネットワーク帯域幅:2x25 Gbps
    X7ベースのVM.Standard2.24
    • OCPU:24
    • メモリ:320 GB
    • ネットワーク帯域幅:24.6 Gbps
    Bare Metal Dense I/O – "X5" BM.DenseIO1.36
    • OCPU:36
    • メモリ:512 GB
    • ローカル・ディスク:28.8 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:10 Gbps
    X7ベースのBM.DenseIO2.52
    • OCPU:52
    • メモリ:768 GB
    • ローカル・ディスク:51.2 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:2x25 Gbps
    X7ベースのVM.DenseIO2.24
    • OCPU:24
    • メモリ:320 GB
    • ローカル・ディスク:25.6 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:24.6 Gbps
    Virtual Machine Standard – "X5" VM.Standard1.1
    • OCPU:1
    • メモリ:7 GB
    • ネットワーク帯域幅:最大600 Mbps
    X7ベースのVM.Standard2.1
    • OCPU:1
    • メモリ:15 GB
    • ネットワーク帯域幅:1 Gbps
    AMDベースのVM.Standard.E2.1
    • OCPU:1
    • メモリ:8 GB
    • ネットワーク帯域幅:0.7 Gbps
    Virtual Machine Standard – "X5" VM.Standard1.2
    • OCPU:2
    • メモリ:14 GB
    • ネットワーク帯域幅:最大1.2 Gbps
    X7ベースのVM.Standard2.2
    • OCPU:2
    • メモリ:30 GB
    • ネットワーク帯域幅:2 Gbps
    AMDベースのVM.Standard.E2.2
    • OCPU:2
    • メモリ:16 GB
    • ネットワーク帯域幅:1.4 Gbps
    Virtual Machine Standard – "X5" VM.Standard1.4
    • OCPU:4
    • メモリ:28 GB
    • ネットワーク帯域幅:1.2 Gbps
    X7ベースのVM.Standard2.4
    • OCPU:4
    • メモリ:60 GB
    • ネットワーク帯域幅:4.1 Gbps
    AMDベースのVM.Standard.E2.4
    • OCPU:4
    • メモリ:32 GB
    • ネットワーク帯域幅:2.8 Gbps
    Virtual Machine Standard – "X5" VM.Standard1.8
    • OCPU:8
    • メモリ:56 GB
    • ネットワーク帯域幅:2.4 Gbps
    X7ベースのVM.Standard2.8
    • OCPU:8
    • メモリ:120 GB
    • ネットワーク帯域幅:8.2 Gbps
    AMDベースのVM.Standard.E2.8
    • OCPU:8
    • メモリ:64 GB
    • ネットワーク帯域幅:5.6 Gbps
    Virtual Machine Standard – "X5" VM.Standard1.16
    • OCPU:16
    • メモリ:112 GB
    • ネットワーク帯域幅:4.8 Gbps
    X7ベースのVM.Standard2.16
    • OCPU:16
    • メモリ:240 GB
    • ネットワーク帯域幅:16.4 Gbps
    Virtual Machine Dense I/O – "X5" VM.DenseIO1.4
    • OCPU:4
    • メモリ:60 GB
    • ローカル・ストレージ:3.2 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:1.2 Gbps
    X7ベースのVM.DenseIO2.8
    • OCPU:8
    • メモリ:120 GB
    • ローカル・ストレージ:6.4 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:8.2 Gbps
    Virtual Machine Dense I/O – "X5" VM.DenseIO1.8
    • OCPU:8
    • メモリ:120 GB
    • ローカル・ストレージ:6.4 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:2.4 Gbps
    X7ベースのVM.DenseIO2.8
    • OCPU:8
    • メモリ:120 GB
    • ローカル・ストレージ:6.4 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:8.2 Gbps
    Virtual Machine Dense I/O – "X5" VM.DenseIO1.16
    • OCPU:16
    • メモリ:240 GB
    • ローカル・ストレージ:12.8 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:4.8 Gbps
    X7ベースのVM.DenseIO2.16
    • OCPU:16
    • メモリ:240 GB
    • ローカル・ストレージ:12.8 TBのNVMe SSD
    • ネットワーク帯域幅:16.4 Gbps

    自動スケーリング

  • 自動スケーリングとは何ですか。

    Oracle Cloud Infrastructure Computeの自動スケーリング機能を使用すると、コンピュートAPIを手動で呼び出したりTerraformスクリプトを使用したりする代わりに、パフォーマンス・メトリックの変化に応じて、ワークロードのコンピュータ・インスタンスを自動的にスケーリングできます。ガイド付きのコンソールと自動スケーリングAPIを使用することで、インスタンス・プール内のインスタンスによって発行されたメトリックに基づいてインスタンスを自動的に起動または終了する自動スケーリング・ポリシーを簡単に作成できます。負荷が増加すると、新しいインスタンスが動的にプロビジョニングされ、負荷が減少すると、インスタンスが自動的に削除されます。

    この機能は、市販リージョンの仮想マシン(VM)インスタンスに対して追加費用なしで提供されています。

  • 自動スケーリングはどのように機能しますか。

    自動スケーリングはインスタンス・プールに作用し、Oracle Cloud Infrastructure Monitoringサービスによって収集されるパフォーマンス・メトリックに依存します。インスタンス・プールにより、VMインスタンスをグループ化し、プール内のすべてのVMインスタンスを正常に実行し続けることができます。Oracle Cloud Infrastructure Monitoringにより、インスタンス・プールのインスタンスから平均CPUおよびメモリ使用率に関するメトリックをキャプチャできます。

    自動スケーリングでは、Oracle Cloud Infrastructure Monitoringがインスタンス・プールのインスタンスからキャプチャした合計メトリックにしきい値を設定できます。自動スケーリング・イベントは、自動スケーリング・ポリシーおよびルールに基づいて、しきい値に達するか超えたときにトリガーされます。自動スケーリングは、インスタンス・プールにインスタンスを追加または削除することでトリガーに応答します。自動スケーリングはインスタンス・プールのサイズを変更することで機能します。インスタンス・プールは自己管理型で、プールが目標サイズに達するまで新しいインスタンスを終了または起動します。

    最初に初期サイズでインスタンス・プールを起動した後で、インスタンス・プールの自動スケーリング構成を定義する必要があります。自動スケーリング構成を定義すると、インスタンスからOracle Cloud Infrastructure Monitoringにメトリックが流れ始めるようにOracle Cloud Infrastructure Monitoringが設定されます。次に、Oracle Cloud Infrastructure Monitoringによりメトリックが平均化され、平均化されたメトリックが自動スケーリングに返されます。これによりイベントがトリガーされ、設定したしきい値に基づいてスケーリングが開始されます。

  • 自動スケーリング構成とは何ですか。

    自動スケーリング構成は、インスタンス・プールの自動スケーリングを構成するために必要な情報を定義します。スケーリング・ルールによる自動スケーリング・ポリシーや、スケーリング・イベント間のクールダウン期間も定義します。

    インスタンス・プールごとに1つの自動スケーリング構成を設定できます。

  • 自動スケーリング・ポリシーとは何ですか。

    自動スケーリング・ポリシーは、スケーリングするインスタンスの最小数および最大数とインスタンス・プールの初期サイズを定義します。また、自動スケーリング・ポリシー・タイプも定義します。現時点では、しきい値ベースの自動スケーリング・ポリシーがサポートされています。各自動スケーリング・ポリシーには、スケールイン用とスケールアウト用の2つの自動スケーリング・ルールも含まれています。

    自動スケーリング構成ごとに1つの自動スケーリング・ポリシーを作成できます。

  • 自動スケーリング・ルールとは何ですか。

    自動スケーリング・ルールは、スケーリングに使用するメトリックとスケールインおよびスケールアウトのしきい値を定義します。スケールイン・ルールとスケールアウト・ルールの両方に使用する単一のメトリックを選択し、各スケーリング・アクションで追加または削除するインスタンスの数も定義します。

  • 自動スケーリングで使用できるメトリックは何ですか。

    自動スケーリングでは、メトリックとしてCPU使用率とメモリ使用率がサポートされています。

  • どのくらいの単位でインスタンスを追加または削除できますか。

    インスタンスは1個単位で追加または削除できます。最大インスタンス・プール・サイズは50です。

  • どのくらい迅速にインスタンス・プールをスケールインおよびスケールアウトできますか。

    数分でスケールインおよびスケールアウトできます。また、自動スケーリング・アクション間の待機時間であるクールダウン期間を調整することで、自動スケーリングがトリガーされる頻度を制御することもできます。

  • クールダウン期間とは何ですか。

    クールダウン期間とは、自動スケーリングが次のスケーリング・アクションの実行を待機する最小時間のことです。これにより、インスタンス・プールを更新されたレベルに安定させることができます。クールダウン期間は、インスタンス・プールが前のスケーリング・イベントの目標サイズに達した後に開始されます。最小クールダウン期間は5分です。

  • インスタンス・プールはどのようにしてインスタンスを健全な状態に維持していますか。

    インスタンス・プールはインスタンスのライフサイクルを監視します。実行中または起動中の状態にあるインスタンスの数がインスタンス・プール・サイズを下回ると、インスタンス・プールは追加のインスタンスを作成します。実行中または起動中の状態にあるインスタンスの数が目標サイズよりも小さい場合にも、インスタンス・プールは追加のインスタンスを作成します。

  • 自動スケーリングにはどのような制限がありますか。

    自動スケーリングに直接関連するサービス制限はありません。ただし、自動スケーリング・アクションで作成されたインスタンスは、コンピュート・インスタンスの制限にカウントされます。コンピュート・インスタンスの制限に達すると、自動スケーリングはインスタンス・プールにインスタンスを追加できません。各インスタンス・タイプのデフォルトの制限と、サービス制限の引き上げをリクエストする方法については、サービス制限に関するドキュメントを参照してください。

  • インスタンス・プールはロード・バランサとどのように連携しますか。

    ロード・バランサ・ワーキング・セットOCIDをインスタンス・プールにアタッチできます。これを行うと、インスタンス・プールにインスタンスが追加されるたびに、そのIPアドレスもバックエンド・セットに追加されます。インスタンスが正常な状態になると(インスタンスが構成されたポート番号でリッスンし始めると)、自動的に着信トラフィックが新しいインスタンスにルーティングされます。同様に、インスタンスが削除されるたびに、そのIPアドレスもバックエンド・セットから削除されます。ロード・バランサ・ワーキング・セットからインスタンスを削除する場合、自動スケーリングは2分間待機してからインスタンスを終了します。この2分間の遅延により、ロード・バランシング・サービスは、インスタンスが終了する前にインスタンスのIPアドレスの接続を処理することができます。2分間経過してもまだアクティブな接続は、インスタンスのシャットダウン時に終了します。

  • インスタンスがメトリックを発行できるようにするにはどうすればよいですか。

    2018年11月18日以降にリリースされたオラクル提供のイメージに基づくインスタンス構成では、メトリックを発行してOracle Cloud Infrastructure Monitoringおよび自動スケーリングと連携するOracleCloudAgentがすでにインストールされています。また、カスタム・イメージに対して手動でエージェントをビルド、インストール、および有効にすることもできます。

  • どのインスタンス・シェイプで自動スケーリングはサポートされていますか。

    VM.Standard1、VM.DenseIO1、VM.Standard2、VM.DenseIO2、VM.Standard2.E2、VM.GPU2、VM.GPU3を含む、すべてのVMインスタンス・シェイプでサポートされています。

    OSイメージ

  • オラクルはどのOSイメージを提供およびサポートしていますか。

    オラクルでは、Microsoft Windows Serverだけでなく、Oracle Linux、CentOS、UbuntuなどのさまざまなLinuxディストリビューションでもイメージを提供しています。完全なリストおよび詳細については、オラクル提供のイメージに関するヘルプ・ドキュメントを参照してください。Oracle Linux OSのサポートでは、追加費用なしでOracle Cloud InfrastructureにOracle Linux Premier Supportを同梱しています。

  • 異なるOSで使用できるコンピュート・シェイプはどれですか。

    サポートされているOSは、Oracle Cloud Infrastructure Computeベアメタルまたは仮想マシン・コンピュート・インスタンスのどのシェイプでも起動できます。使用可能なすべてのシェイプのリストについては、コンピュートの価格のページを参照してください。

  • OSイメージを持ち込めますか。

    はい。Oracle Cloud Infrastructure Computeでは、OSイメージ持ち込みがサポートされています。詳細については、OSイメージ持ち込みに関するヘルプ・ドキュメントを参照してください。

    Linux OS

  • ダウンタイムなしでLinux OSインスタンスをアップグレードしたりパッチを適用したりするにはどうすればよいですか。

    Oracle Linuxを実行するOracle Cloud Infrastructureコンピュート・インスタンスには、Oracle Kspliceが同梱されています。Kspliceは、重要なカーネルおよびユーザー空間のセキュリティ・コンポーネントを再起動することなく更新できるOS管理テクノロジーです。

    OSインスタンスへのパッチのダウンロード方法の詳細については、Oracle Kspliceを参照してください。

  • Linux OSのイメージを作成し、それを使用して新しいコンピュート・インスタンスを起動できますか。

    はい。ブート・ディスクのカスタム・イメージをバックアップとして作成するか、事前構成済みのOSイメージのパッケージ化メカニズムとして使用することで、新しいコンピュート・インスタンスを起動できます。これは、同じ構成のコンピュート・インスタンスを多数作成する必要がある場合に特に便利です。カスタム・イメージは、インスタンス・タイプやシェイプに依存しません。ベアメタル・インスタンスまたは仮想マシン・インスタンスであるかに関係なく、任意のインスタンス・タイプまたはシェイプを起動できます。

    イメージの作成を開始すると、ブート・ディスク・イメージの一貫性を確保するために、システムはコンピュート・インスタンスを停止します。イメージの作成プロセスにかかる時間は、ブート・ディスクのサイズによって異なります。イメージの作成が完了すると、コンピュート・インスタンスが自動的に再起動します。インスタンスの再起動時にアプリケーションおよびサービスが自動的に起動しない場合、それらを手動で再起動する必要があります。

    Microsoft Windows Server OS

  • Oracle Cloud Infrastructureで利用できるMicrosoft Windows Serverのバージョンとエディションは何ですか。

    現時点で、Oracle Cloud Infrastructureのイメージ・ライブラリの一部として、英語バージョンのWindows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2、およびWindows Server 2016がサポートされています。Oracle Cloud Infrastructureでは、独自のカスタムをインポートするために、Microsoft Windows Server 2019エディションのサポートが提供されています。

  • Oracle Cloud InfrastructureでMicrosoft Windows Serverを実行する場合、どのように課金されますか。

    基盤となるコンピュート・インスタンスの価格に加えて、Microsoft Windows Serverライセンスのコストが追加で必要になります。コンピュート・インスタンスとWindows Serverライセンスの料金は別々に請求されます。Windows Serverライセンスの請求は、インスタンスが「実行中」の状態になると開始され、インスタンスが終了すると請求も終了します。StandardのVMおよびベアメタル・インスタンスの場合、インスタンスが「停止」の状態になると、コンピュート・インスタンス・コストとMicrosoft Windows Serverオペレーティング・システムのライセンス・コストの両方の請求が一時停止します。HPC、High I/Oのベアメタル、Dense I/OのベアメタルおよびVMインスタンスの場合、インスタンスを終了するまで請求が継続されます。Microsoft Windows Serverの価格設定の詳細については、コンピュートの価格のページを参照してください。

  • Microsoft Windows Serverはどのようにして最新のパッチで更新されますか。

    Oracle Cloud Infrastructureでは、Microsoft Windows Serverで自動更新を有効にし、Windowsパッチの適用に関するデフォルトの設定を使用しています。Microsoft Windows Updateサーバーからパッチをインストールするには、VCNセキュリティ・リストを更新して、ポート80(http)およびポート443(https)のエグレス・トラフィックを有効にする必要があります。

  • Microsoft Windows Serverのカスタム・イメージを作成し、それを使用して新しいコンピュート・インスタンスを起動できますか。

    はい。お使いのWindows Serverインスタンスのカスタム・イメージを作成し、それを使用して新しいコンピュート・インスタンスを起動できます。Windowsインスタンスには、「一般」イメージ(テンプレートまたはゴールデン・イメージの作成に使用)と「特殊」イメージ(バックアップとして使用)の作成がサポートされています。イメージ・タイプの詳細については、Windowsカスタム・イメージの作成に関するヘルプ・ドキュメントを参照してください。

  • MicrosoftソフトウェアのライセンスをOracle Cloud Infrastructureに持ち込むことはできますか。

    はい。Microsoftの利用規約に従ってMicrosoftアプリケーションのライセンスを持ち込む(BYOL)ことができます。2019年10月1日より前に購入したライセンスの場合、Microsoft Windows Serverについてのみ専用ホストへのBYOL(KVMハイパーバイザーのみ)が許可されています。専用ホストでの使用について2019年10月1日以降に購入またはアップグレードしたライセンスは、OCIでは許可されていません。

    次の表は、Oracle Cloud Infrastructureに対してBYOLを行うことができるMicrosoftソフトウェアを示しています。

    Microsoftソフトウェア ベアメタル・インスタンス 仮想マシン・インスタンス
    Windows Server 不可能* Oracle Cloud Infrastructureからのライセンスのみ
    SQL Server* 可能** 可能**
    RDS(CAL)* 可能** 可能**
    MSDN*** 可能* 可能*
    Microsoft Office 不可能* 不可能
    Windows 7、8、10* 不可能 不可能
    その他* 可能 可能**

    * Microsoftの利用規約に従います。

    ** Oracle Cloud Infrastructure Windows Serverインスタンスで実行する場合、アプリケーション・ライセンスにソフトウェア・アシュアランスによるライセンス・モビリティが必要になる場合があります。ライセンス権に関するご質問は、MicrosoftまたはMicrosoftの再販業者にお問い合わせください。

    *** 各ユーザーに適切なライセンス(購入済みのMSDNサブスクリプション)が必要です。

  • Windows Serverライセンスを持ち込んでOracle Cloud Infrastructure Windows OSイメージを使用できますか。

    いいえ。Microsoft Windowsライセンスを持ち込む場合は、お客様のMicrosoft Windowsイメージを持ち込む必要があります。

  • Oracle Cloud InfrastructureでのMicrosoftソフトウェア(Windowsなど)のサポート・モデルはどのようなものですか。

    オラクルでは、Oracle Cloud Infrastructureからライセンスが付与されたMicrosoft Windows Serverについてサポートを提供しています。その他のすべてのMicrosoftソフトウェアについては、Microsoftサポートにより直接サポートされています。インフラストラクチャ・サポートを必要とする問題が発生した場合、Oracle Cloud Infrastructureサポートは、お客様とMicrosoftサポートが問題を解決できるように必要な支援を提供します。

    信頼できるサードパーティ・パートナーのイメージ

  • パートナーのイメージはどこから起動できますか。

    すべてのサードパーティのイメージは、Oracle Cloud Infrastructureコンソールに組み込まれたMarketplaceからアクセスできます。起動するパートナーのイメージを選択し、ガイドに従ってインスタンスの起動プロセスを実行します。

  • オラクルのパートナーが提供するイメージ関連の技術サポートについて誰に連絡すればよいですか。

    パートナーのイメージをインストールした後は、イメージに関連する製品の問題はパートナーがすべて対応します。イメージのインストールに関連するサポートの問題については、My Oracle Supportでチケットを送信してください。

    オラクルのイメージ

  • Oracleソリューションのビルド済みのイメージを起動できますか。

    はい。コンピュート・インスタンスの作成ウィザードから、Oracle Cloud Infrastructureに対して有効になっているビルド済みのOracleエンタープライズ・イメージおよびソリューションを起動できます。

  • イメージにインストールされたOracleアプリケーションにはライセンスが必要ですか。

    Oracleアプリケーションに応じて、30日間の評価トライアル期間があります。トライアル期間の終了後も引き続き使用するには、ライセンスが必要になります。トライアル情報については、イメージ選択のインストール前の注意事項に詳細が記載されています。

    ストレージ

  • Oracle Cloud Infrastructureストレージ・オプションにはどのようなものがありますか。

    Oracle Cloud Infrastructureでは、さまざまな使用事例をサポートするために、次のストレージ・オプションが提供されています。

    • ローカル・ストレージ:ストレージ向けに最適化されたインスタンス・タイプ(BM.DenseIO1.36)では、IOPSが非常に高く、レイテンシが低いローカルNVMeベースのSSDストレージを利用できます。
    • ブロック・ボリューム:Oracle Cloud Infrastructure Block Volumesは、コンピュート・インスタンスにアタッチし、通常のOSのファイルシステムのように使用することができる永続ブロック・ストレージ・ボリュームを提供します。
    • オブジェクト・ストレージ:Oracle Cloud Infrastructure Object Storageは、画像、動画、およびその他の非構造化データなどのオブジェクトに対して非常に耐久性のあるストレージを提供します。オブジェクト・ストレージは、可用性と耐久性を確保するために、リージョン内の可用性ドメインに複製されます。
  • ローカルNVMe SSDドライブのIOPSおよびレイテンシ・メトリックはどのくらいですか。

    ローカルNVMe SSDは、非常に高性能なストレージを提供し、要求の厳しいワークロードに最適です。NVMe SSDのパフォーマンスの詳細については、製品仕様書を参照してください。

  • インスタンスを終了するとデータはどうなりますか。

    コンピュート・インスタンスを終了した後、後で再び使用できるようにインスタンスのブート・ボリュームを保持することができます。ブート・ボリュームを保持しない場合は、割り当てが解除され、消去されます。ストレージ向けに最適化されたインスタンスのローカルNVMeストレージは、消去され、割り当てが解除されます。インスタンスにアタッチされたブロック・ボリューム内のデータは、後で使用できるようにすべて保持されます。

    インスタンスを終了する前に、ブート・ディスクのカスタム・イメージを作成し、後でそのカスタム・イメージを使用して新しいインスタンスを起動できます。

    ベアメタル・インスタンス

  • ベアメタル・インスタンスとは何ですか。

    ベアメタル・インスタンスは、クラウド内のオンデマンドのベアメタル・コンピュート・リソースです。ベアメタル・インスタンスは、仮想マシン(VM)インスタンスとは異なり、物理ホスト全体を1人のお客様だけが使用することができ、ハイパーバイザーやオラクルにより適用されるソフトウェアはインストールされていません。ベアメタル・ホストのリソースを完全に制御できるため、妥協のない柔軟性、コントロール、およびパフォーマンスを手に入れることができます。ベアメタル・コンピュート・インスタンスは、要求の厳しいアプリケーションやワークロードに最適です。

    Oracle Cloud Infrastructure Computeでは、さまざまなインスタンス・タイプを提供しています。各インスタンス・タイプでは、さまざまなアプリケーションとワークロードをサポートするために、異なるハードウェア構成が提供されています。

  • どのインスタンス・タイプを選択すればよいか、どうすればわかりますか。

    Standardインスタンスは、Webサーバー、バッチ処理、配信、分散分析など、高性能が求められるコンピュート集約型のさまざまなワークロードに使用できます。

    Dense I/Oインスタンスは、28.8 TBのローカルNVMe SSDストレージにより構成されており、ビッグ・データや高性能コンピューティング(HPC)アプリケーションなど、大容量のデータ・セットを処理する、低レイテンシと高スループットが必要とされるトランザクションの多いワークロードに最適です。

  • ベアメタル・インスタンスをいくつ作成できますか。制限はありますか。

    各インスタンス・タイプのデフォルトの制限と、サービス制限の引き上げをリクエストする方法については、サービス制限に関するヘルプ・ドキュメントを参照してください。アカウントの制限は、必要に応じて引き上げることができます。

  • ベアメタル・インスタンスは、作成した後に変更または移行できますか。

    現時点ではOracle Cloud Infrastructureに、ベアメタル・インスタンスを別のベアメタル・インスタンス・タイプまたは仮想マシン(VM)シェイプに移行するための機能は組み込まれていません。ただし、(イメージの作成機能を使用して)作成したブート・イメージから新しいコンピュート・インスタンスを起動し、ブロック・ボリュームを新しいインスタンスにアタッチすることにより、移行を手動で行うことができます。データがローカルに保持されている場合は、ローカル・データを新しいインスタンスに手動でコピーまたは複製する必要があります。また、ブート・ボリュームを介してインスタンスのシェイプ変更またはスケーリングを軽減することもできます。インスタンスを終了したときにインスタンスのブートボリュームを保持しておき、元のインスタンスから保持したブート・ボリュームを使用して、異なるシェイプの新しいインスタンスを起動できます。

  • 独自のハイパーバイザーをインストールできますか。

    はい。ベアメタル・インスタンスは、ハイパーバイザーがインストールされていない専用の物理ホストです。ホストにアクセスし、既存のライセンス条項に従って、KVMやVirtualBoxなどの独自のType2ハイパーバイザー(ホスト型ハイパーバイザー)をインストールし、ハイパーバイザーでサポートされている任意のバージョンのOSを実行できます。

    VMインスタンス

  • 仮想マシン(VM)とは何ですか。

    Oracle Cloud Infrastructure Compute VMは、ベアメタル・インスタンスよりも小さなコンピュート・シェイプを提供します。VMは、クラウド向けに最適化された、ベアメタル・インスタンスと同じハードウェアとネットワーク・インフラストラクチャを使用して、アプリケーション・ニーズの変化に対応するための柔軟性とパフォーマンスを備えたコンピュート・シェイプを提供します。

  • VMではどのようなシェイプを選択できますか。

    Oracle Cloud Infrastructure Computeでは、お客様が構築するアプリケーションのさまざまなニーズに応えるために、さまざまなVMインスタンス・シェイプが提供されています。新しいインスタンス・シェイプが続々と追加されています。詳細については、コンピュートの価格のページを参照してください。

  • VMインスタンスはいくつ作成できますか。制限はありますか。

    デフォルトの制限と、サービス制限の引き上げをリクエストする方法については、サービス制限に関するヘルプ・ドキュメントを参照してください。アカウントの制限は、必要に応じて引き上げることができます。

  • さまざまなVMシェイプからどのように選択すればよいですか。

    VMシェイプによってプロセッサー・コアの数、メモリ量、およびディスク構成が異なるため、アプリケーション・ニーズに合ったサイズを簡単に選択できます。

    VMシェイプには、以下の2つのタイプがあります。

    • Standard VMコンピュート・シェイプは、汎用ワークロードに最適であり、コア、メモリ、およびネットワーク・リソースがバランスよく組み合わされています。
    • Dense I/O VMコンピュート・シェイプは、大規模なデータベースやビッグ・データ・アプリケーション(Apache SparkやHadoopなど)のようなリソース集約型のワークロードに適しています。
  • VMを作成した後にシェイプを変更したりVMを移行したりできますか。

    コンピュート・コンソール、API、またはCLIを使用して、作成後にVMのシェイプを変更できます。既存のオペレーティング・システム・イメージと互換性のある任意のVMシェイプを選択できます。シェイプを変更すると、再起動が必要になりますが、すべてのインスタンス・プロパティが保持されます。インスタンスのシェイプを変更する方法の詳細については、技術文書を参照してください。

    (イメージの作成機能を使用して)作成したブート・イメージから新しいコンピュート・インスタンスを起動し、ブロック・ボリュームを新しいインスタンスにアタッチすることにより、VMを手動で移行することもできます。データがローカルに保持されている場合は、ローカル・データを新しいインスタンスに手動でコピーまたは複製する必要があります。

    専用仮想マシン・ホスト

  • 専用仮想マシン・ホスト(DVH)とは何ですか。

    Oracle Cloud Infrastructure Computeの専用仮想マシン・ホストを使用すると、お客様のOracle Cloud Infrastructureテナンシ専用の物理サーバーでVMコンピュート・インスタンスを実行できます。他のテナンシまたは他のオラクルのお客様のVMがこの専用ホストで実行されることはありません。VMコンピュート・インスタンスを起動するときにオプションのパラメータを設定することで、VMコンピュート・インスタンスを専用仮想マシン・ホストに配置できます。これらの専用ホストは、「1つのテナント」(お客様のテナンシにのみ使用される専用のテナント)となります。OCPUの数、メモリ量、パフォーマンスなどのVMの特性は、Oracle Cloud Infrastructureの通常の共有ハードウェアで実行する場合と同じです。

  • DVHではどのようなシェイプを選択できますか。

    現時点でOracle Cloud Infrastructure Compute DVHは、DVH.Standard2.52シェイプで提供されています。このシェイプにより、VM.Standard2インスタンスをDVHで起動できます。今後も新しいDVHシェイプが追加される予定です。

  • 専用仮想マシン・ホストとその上で実行されるVMインスタンスに対してどのように課金されますか。

    専用仮想マシン・ホストが実行中の状態にある場合、そのホストに対して課金されます。ホストで起動された個々のコンピュートVMインスタンスに対しては課金されませんが、Windows Serverイメージを使用してVMインスタンスを実行する場合は、Windows Serverライセンスに対してOCPU時間ごとに課金されます。専用ホストを終了すると、請求は停止します。DVH.Standard2.52ホストの場合は、専用仮想マシン・ホストの実行が開始されると、OCPUが52個のBM.Standard2.52インスタンスに対して課金されます。請求書の「Oracle Cloud Infrastructure Compute Bare Metal Standard - X7」の項目に52個のOCPUに対する料金が記載されます。DVH.Standard2.52でVMを実行するには、最大48個のOCPUを使用できます。

  • 専用仮想マシン・ホストで実行できるアクションは何ですか。

    専用仮想マシン・ホストでサポートされているアクションは、起動、コンパートメントの移動、および終了のみです。ただし、専用仮想マシン・ホストでVMインスタンスが実行されている場合は、専用仮想マシン・ホストを終了することはできません。専用仮想マシン・ホストを終了する前に、すべてのVMインスタンスを終了する必要があります。

    フィードバックとサポート

  • どこでフィードバックを送信したりサポートを受けたりできますか。

    Oracle Cloud Infrastructureでは、フィードバックを送信したり、コミュニティやオラクルからサポートを受けたりするためのいくつかのオプションが用意されています。Oracleフォーラムでは活気に満ちたコミュニティ・サポートを見つけることができ、 Oracle Cloud Infrastructureブログでは定期的に最新情報を得ることができます。

    また、My Oracle Supportからサービス・リクエストを送信することにより、デバッグやトラブルシューティングのサポートを受けることもできます。