申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

予算編成ソフトウェアとは

プランニングと予算編成ソフトウェアは、ここ数年で大きく進化を遂げました。企業の予算編成の方法が変化するにつれ、FP&A部門に対する要求も、財務プランニングの管理者から、事業部門と連携して財務、事業部門、業務計画を統合する、完全に連結した企業計画を作成することへと進化しています。Oracle Hyperion Planning のようなオンプレミスのソリューションが登場する以前は、財務部門や業務部門では、予算の作成と追跡にスプレッドシートを使用していました。

現在では、予算編成ソフトウェアをクラウドで使用するのが標準となっています。Oracle Cloud EPM Planning は、クラウドで提供される最も完全な予算編成とプランニングのプラットフォームです。Cloud EPM Planningは、プランニングのベストプラクティス機能だけでなく、AIやデータサイエンスなどの新しいテクノロジーも組み込まれており、あらゆるプランニング要件を管理できる柔軟性を備えています。

予算編成とは

予算編成は、企業の戦略や戦略的計画を戦術的に実行することです。戦略計画の財務目標や事業目標を達成するために、組織は長期的な計画を、予測売上と費用に関する詳細なセットに変換し、パフォーマンスを追跡する必要があります。これらは、望ましいビジネス成果を達成するために、途中で修正・調整することができます。

予算編成のプロセス

一般的な予算編成のプロセスは、長期計画や企業戦略を年次の業務計画に落とし込み、それを財務、事業部門、業務部門に落とし込むというものです。これにより、財務からオペレーションまで、あらゆる業務部門において、組織全体の財務目標が伝達されます。目標は、収益と経費の予算、人事コスト、マーケティング費用、プロジェクト費用と収益、資本費用など、財務とオペレーションが一体化したものです。

予算編成のプロセスでは、設定された予算目標を達成するために、実際の財務実績と期待される財務実績を分析・比較し、組織の支出をどのように割り当てるかを決定する必要があります。

予算編成と予測を効果的に行うことで、目標志向の計画を作成し、継続的に更新・分析することができます。要素としては以下のようなものがあります。

  • 詳細な製造予算
  • 経費予算
  • 資本支出予算
  • 詳細な収益予算
  • キャッシュフロー予算

プランニングと予算編成ソフトウェア

プランニングと予算編成ソフトウェアは、財務および業務における計画および予算編成のプロセスを可能な限り効率化するために設計されています。現在、クラウドで提供されるプランニングと予算編成ソフトウェアは、財務および業務予算の関係者が1つのプラットフォーム上で容易にコラボレーションを行い、1つの、つながりのある、企業全体の計画・予算作成に取り組むことができるようにします。

プランニングと予算編成ソフトウェアは、インテリジェントで、予測的な計画を活用し、AIとデータサイエンスが組み込まれたものである必要があります。これにより、予算関係者は価値の低いタスクに費やす時間を減らし、ビジネス管理に費やす時間を増やすことができます。組織向けのプランニングと予算編成ツールを選定する際、考慮すべき点は大きく5つあります。

1. 組み込みの計画インテリジェンスとベストプラクティスのプランニングと予算編成フレームワーク

プランニングと予算編成ソリューションは、モデリングのための真っさらなキャンバスであるだけでなく、予測計画、ドライバ・ベースの予算編成、堅牢なwhat-ifシナリオのモデリング、サンドボックス、トップダウン式およびボトムアップ式の予算編成、承認とワークフローなどの計画インテリジェンスと専用機能を備え、すぐに利用できるベストプラクティスとして構築する必要があります。

また、専用に構築され、サポートされるモジュールも必要です。これには、長期計画、人材計画、資本資産、プロジェクト財務プランニングなどがあります。これらは完全に機能するモジュールであり、連携して動作するように設計され、既存の顧客固有のプランニング・プロセスとシームレスに統合されている必要があります。

2. 財務、オペレーション、基幹業務計画、予算編成にまたがる機能

財務プランニングだけでなく、人事、IT、サプライ・チェーン、営業などの基幹業務に対応した業務計画やモデリングを提供する、真に包括的なソリューションであるコネクテッド・プランニング・プラットフォームを探す必要があります。これは、「マーケットプレイス」で入手できる単なるアドオンではなく、ベンダーが開発・保守するものでなければなりません。

3. ユーザーが大規模かつ自由な財務・業務モデリングを実行できること

テンポの速い、アジャイルな現在のビジネスモデルの要求に応えるには、財務やオペレーションのシナリオを簡単にモデル化できる能力が必要です。これを行うには、自由形式のモデリングに使用する大量のデータを取り込み、処理するシステムの能力が重要です。

企業がこのような分析に使用する膨大な量のデータを処理するためには、強力なバックエンド・エンジンを持つことが重要です。また、大量のデータとユーザーに対し、容易にスケーリングが行えることも確認する必要があります。計画・予測ソリューションは、アドホック・モデリングに関してベンダーが約束した通りの機能を確実に備えていなければなりません。

4. 堅牢な経営・財務報告

レポーティングは、さまざまなことを行うためのキャッチフレーズです。データをスライス&ダイスしてアドホックな分析をしたいかもしれませんし、標準的なダッシュボードを使用してステータスを更新したいかもしれません。また、簡単に印刷できるピクセル対応の標準的なレポートも必要でしょう。

そして、ほとんどの組織は、レポートパッケージを準備する際に、コラボレーションのナラティブ要素を追加することで、管理レポートの最新化と効率化を目指しています。プランニング・システムがこれらすべてを実行できることを確認しましょう。模造品ではデモでのみ実行可能な場合もあります。

包括的なEPMプランニング・ソリューションは、ダッシュボード、アドホック分析、ピクセル対応の財務諸表、完全なナラティブ・レポートなど、すべてのレポート要件に対応でき、これらすべてがブラウザ、モバイル・デバイス、その他の使い慣れたツールから使用可能であるべきです。説明付きの複雑な予算書からアドホックな分析まで、すべてのレポート要件は、財務担当者が慣れ親しみ、簡単に使用できるスプレッドシート・インターフェイスで利用できる必要があります。このような柔軟性はとても重要です。なぜなら、変化の激しいグローバルビジネスでは、多くのアドホック分析が必要であり、データのセキュリティも損なわれてはいけないためです。

5. 機械学習(ML)の組み込みによる財務データ分析の自動化

機械学習などの新しいテクノロジーは、ビジネスのあり方を急速に変えつつあります。データサイエンスの活用により、予測分析では、人間だけでは認識できない相関関係、異常値、例外を発見することができます。プランニングの精度を大幅に向上させ、計画工程に費やす時間を大幅に短縮できるほか、データ分析に費やす時間も短縮することができます。

クラウドでの予算編成とプランニング

Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)には、Intelligent Performance Management Insights(IPM Insights)という形で機能が組み込まれており、財務および業務予算編成とプランニングの関係者は、データ・サイエンティストに頼ることなく、組み込みのデータサイエンスを活用して異常値や外れ値への対応に集中し、予測から偏りを取り除くことが可能です。