申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

シナリオのモデリング

財務担当者は、急速に変化するビジネス環境の影響や、長期的な財務予測に内在する不確実性を分析するために、強力かつアジャイルなツールを必要としています。多くの財務部門は、これらの予測のための財務モデリングと影響分析を行うために、カスタマイズされたスプレッドシートを使用しています。Sこのようなカスタマイズされたスプレッドシートのソリューションは、管理が難しく、データの透明性と整合性に欠け、業務計画と統合されておらず、財務および財務モデリング業務を効率的に処理することができません。

シナリオ・モデリングは、Oracle Fusion Cloud EPMのPlanningに組み込まれた財務モデリング機能で、このような問題に対処するものです。高度なシナリオ・モデリング機能と、債務と資本構成管理のための機能が組み込まれており、変化の激しいビジネス・ダイナミクスに対応した長期予測モデルを迅速に作成することが可能です。

シナリオ・モデリングはOracle Fusion Cloud EPMプラットフォーム内に構築されており、ユーザーは使い慣れたOracle Smart View for OfficeやWebインターフェース機能内で作業を行うことができます。

しかし、財務データと業務データの結合は、収益性分析の最大の課題であることが多々あります。一般的に、顧客やチャネルなど、法定レポートには必要のない業務データで総勘定元帳に負荷をかける(「厚く」する)ことは賢明ではありません。総勘定元帳を「薄い」状態に保つことで、法定決算のプロセスを効率化することができます。同様に、スプレッドシートベースのソリューションで業務データや財務データを操作することは、非常に時間がかかり、エラーが発生しやすいものです。したがって、これらの方法は、収益性に対処するための理想的な方法とは言えません。

Profitability and Cost Management には、ビジネスユーザーが財務データと業務データを簡単にマッピングできる、堅牢なデータ管理機能が含まれています。また、割り当てベースのビジネスプロセスを自動化するための中心的なハブを提供します。このソリューションは、現在の複雑なビジネス環境で一般的に必要とされる多層的な割り当てに特化して構築されています。また、優れたパフォーマンスにより、モデル構築を容易かつ一貫して行うためのベストプラクティス・フレームワークを提供します。

シナリオ・モデリングの主な利点

  • 高度なwhat-ifモデリングを可能にする、あらかじめ組み込まれた財務インテリジェンス
  • 年次財務・経営計画との完全な統合
  • 組み込みおよび設定可能なベストプラクティス
  • ERPのプロセスと業務プロセスを連携させて、優れたアジリティを実現
  • 組み込みのインテリジェンスと高度な分析による意思決定の改善

What-if解析と不確実性のモデリング

変化の激しいビジネス環境において、シナリオ・モデリングは、ビジネス・リスクのwhat-ifモデリングに理想的なソリューションです。ユーザーは、スプレッドシートやその他の専用システムでモデルを構築したり監査することではなく、長期的な代替戦略のシミュレーション、不測の事態のシナリオ開発、財務モデルのストレステストに時間を費やすことができるのです。Oracle Fusion Cloud EPMに組み込まれたシナリオ・モデリング機能を使用することで、ユーザーは、変化する業界や経済ダイナミクスに積極的かつ効果的に対応することができます。シナリオ・モデリングにより、ユーザーは各ビジネスユニットについて多数の異なるシナリオを作成することができます。また、主要な業績ドライバーに対する感度を評価し、定期的に「目標達成度」のチェックを行い、特定の財務目標の達成に必要なパフォーマンス・レベルを決定することもできます。

計画に沿った財務モデル

財務モデルは、戦略的な決定が組織の最終損益、貸借対照表、キャッシュフロー、株主価値に与える影響を明らかにします。シナリオ・モデリングにより、財務モデル作成者は、内蔵の財務インテリジェンスを使用して、what-if戦略シナリオ・モデルが財務諸表に及ぼす影響を評価することができます。モデル作成者は、異なる事業部門、法人、または計画されたプロジェクトに関する様々なwhat-ifモデルを統合し、長期的な財務計画の企業ビューを提供します。これらの計画は、ボトムアップの業務計画の目標を設定するための基礎となるものです。同様に、承認されたボトムアップ予測における業務上の変更は、長期モデルに反映され、クローズド・ループのプランニングサイクルの整合性を確保します。シナリオ・モデリングは、合理的な目標設定、迅速な財務影響分析、情報に基づいた意思決定のための重点的な財務情報の提示により、戦略と業務計画の整合性を図ります。

資本構造を最適化する

キャッシュフローと貸借対照表の予測は、あらゆるプランニング環境において重要な要素です。シナリオ・モデリングは、潜在的な利益から運転資本管理、資本支出、税金、資本構造まで、財務パフォーマンスのあらゆる側面をリンクさせ、組織をサポートする財務インテリジェンスを提供します。シナリオ・モデリングによって、ユーザーは、資金調達の複雑な反復性、戦略が信用評価に与える影響、資本構造の最適化などに対処することができます。シナリオ・モデリングは、財務プランニングなどの特別な機能を提供し、価値創造と組織の資本コストの削減を可能にします。

あらかじめ組み込まれた財務ツールで時間とコストを節約

スプレッドシートとは異なり、シナリオ・モデリングは、使いやすい組み込みの財務モデリング・ツールを提供します。ユーザーは、洗練された財務ロジックをゼロから書くことに時間を費やす必要はありません。その代わりに、シナリオ・モデリングのパッケージ化された機能を使うことで、財務マネージャーは、財務計画プロセスに高度なwhat-ifモデリングを簡単に追加することができます。

これらの機能は、強力な支援ツールとして提供されます。

分析トレイル

分析トレイルは、モデルのロジックを理解するための機能です。最も複雑な関係を数字と言葉で表現することで、戦略的計画プロセスのすべての参加者にとって、モデル内の情報が透明化されます。無数の異なる「監査矢印」をたどる代わりに、ユーザーはモデルの仮定と計算をエレガントかつ直感的に表示することができます。

資金調達オプション

資金調達オプションは、資本構成と財務戦略を最適化し、資金調達コストを削減するための、高度で使いやすい機能です。借入金や返済、配当金の支払い、株式の発行や買い戻しなど、キャッシュの余剰や欠損をモデル内でどのように扱うかを指定するための様々な方法を提供します。

負債スケジューラー

負債スケジューラーは、社債やタームローンなどの固定金利または変動金利の負債をわずか数秒で作成し、それに応じてすべての財務諸表を更新することができる革新的な機能です。月次、四半期など、利息や元本の支払い頻度を問わず、現在の借入金や未払利息、社債のプレミアム、ディスカウント、発行経費の償却を自動的に正確に計算することが可能です。

取引期間

取引期間機能は、合併、買収、売却が組織に及ぼす影響を、取引のタイミングに基づいてシミュレートするものです。

統合

統合機能は、少数株主持分、持分法、原価法などの財務連結のルールに従って、事業体を連結するものです。例えば、ある事業体のシナリオと別の事業体のシナリオを組み合わせて、親事業体における「最も可能性の高い」シナリオを算出することができます。シナリオ・モデリングでは、拡張された分析機能を用いて、企業報告に必要なデータ、連結ロールアップ、各シナリオのパーセンテージを外部のデータストアに移動させることができます。

統合型レポートと自由形式レポート

シナリオ・モデリングは、ユーザーフレンドリーなレポート作成環境を備えており、ユーザーはプロ品質のレポートやグラフを作成することができます。さらに、レポートは財務モデル自体に組み込まれているため、ユーザーはオフラインでフルモデルに取り組むことができます。

財務モデリングの未来

変化の激しい現在の環境において、財務モデリングや影響度分析を、カスタマイズしたスプレッドシートで行うことは最適とは言えず、財務チームに不必要な負担をかけることになります。Oracle Fusion Cloud EPMのシナリオ・モデリングなどのソリューションにより、財務組織はアジリティを維持し、時代の一歩先を行くことができるようになります。