Oracle Modern Best Practice―異種のソースから一体化されたデータへ

Disparate Sources to Unified Data
異種データソースを統合

異種のソースから一体化されたデータへ

Oracle Modern Best Practice for Marketingに組み込まれているビッグ・データと分析機能により、内部およびサード・パーティーのデータ・ソースの持つ力を利用することができます。従来型のデータからモバイル・データ、さらにはそれ以上のデータ・ソースを分析できます。効率的なデータ・モデリングのために、データを中央に集約します。ひときわ優れたデータ主導型のマーケティング・キャンペーンの立案のために、次のような最新のベスト・プラクティスをロードマップとしてお使いください。


Disparate Sources to Unified Data Best Practices

合理化され、一元化されたデータ管理

  • 160 を超えるメディア・パートナーから得られる内部データ・アセットを収集
  • 内部あるいはサード・パーティーから得られるモバイル・データの有効化をサポート
  • サード・パーティーによるカスタマイズ可能なオンラインおよびオフラインのテンプレートによって、生産性が向上
  • 一元化されたハブを通じてデータを集計
  • オーディエンスとメディアのパフォーマンス・データすべてを分析

Ingest Data
Ingest Data icon アナリシス、ビッグ・データ。

データの取込み

利用な可能なあらゆるチャネルとソース(社内、サード・パーティー、業者、ソーシャル・メディア)からデータを収集し取り込みます。


Integrate and Unify
Integrate and Unify icon アナリシス、ビッグ・データ。

統合と一体化

キャンペーンに関連するデータを集計し、ルール・ベースで同定し分類します。


Utilize Data
Utilize Data icon アナリシス、ビッグ・データ。

データの利用

一体化されたデータ・ソースを利用して、マーケティングと販売の面で優先順位の高いオーディエンス・セグメントを抽出します。