Oracle Public Sector-セキュリティ

クラウド・セキュリティで増大する脅威に対応

世界各国の公共部門では、ほぼ毎日変化する最新の脅威への対処が課題となっています。今日の機関は、単純に防御的なままではいられません。エキスパートが脅威を予測し、侵入を防ぎ、違反を検知し、インシデントに迅速かつ効果的に対応できる体制を整える必要があります。これらを怠った際のコストは非常に高くつきます。

オラクルは、安全なデータ処理、安全なコンピュート、および安全なデータ・ストレージなど、包括的なソフトウェアおよびハードウェアのセキュリティ・ソリューションを提供します。FedRAMP、HIPAA、NIST CJIS、その他多くの規定に対応した認証を得ているオラクルのセキュリティ・ソリューションは、オンプレミス、クラウド内またはハイブリッド・データ・センターなどの場所を問わず、必要不可欠なセキュリティ・ファブリックを提供します。


Identity Cloud Service: Hybrid, Secure, and Open
Identity Cloud Service:ハイブリッド、安全、オープン

Oracle Identity Cloud Serviceでは、今日のハイブリッド・クラウド環境の完全なアイデンティティ・ライフサイクルを管理できます。

Oracle Identity Cloud Service Solution Demo
Oracle Identity Cloud Serviceソリューション・デモ

オラクルの製品管理ディレクタであるアンディ・スミス氏が、Oracle Identity Cloud Serviceについて5分間で説明します。

Oracle Key Vault and Advanced Security Options Demo
Oracle Key Vaultと高度なセキュリティ・オプションのデモ

オラクルの製品マネジャーであるサイカット・サハ氏が、Oracle Key Vaultおよび高度なセキュリティ・オプションが、プライバシーと法規制要件の準拠にどのように有用であるかをご紹介します。

参考資料

始めよう