オラク ルの最新ベストプラクティス—提案からマーケットまで

Proposal to Market
タイムツーマーケットの短縮

製品の提案からGo-to-Market候補まで

取得したアイデアを基に、収益性のある製品ポートフォリオを構築しましょう。セキュアなソーシャルネットワークを通じて構造化データや非構造化データをモニタリングし、それらのデータをやりとりしながら、新製品のアイデアを収集することが重要です。製品の収益ストリームをモデリングし、複数の投資シナリオを分析しましょう。また、投資計画が 予算 やリソースの限度内に収まるかどうかを判断しましょう。以下の最新ベストプラクティスを使用すれば、投資の優先順位を重視しながら、収益の拡大を計画的に促進できます。


Initiate Product Proposals
Mobile. Social. icon モバイル、ソーシャル

製品提案を開始する

ラップトップ、タブレット、スマートフォンを使用して、ビジネスケースの提案理由となるデータを収集しましょう。


Align Product Development
Mobile. Social. Analytics. icon モバイル、ソーシャル、アナリティクス

キャッシュフロー/リソースをモデリングする

What-Ifシナリオを使用して、新製品の収益予測と支出予定額を比較し、分析しましょう。また、必要なリソースも特定しましょう。


Analyze the Best Proposals
Mobile. Social. Analytics. icon モバイル、ソーシャル、アナリティクス

有望な提案を分析する

ロールベースのダッシュボードを使用して、新コンセプトの開発過程を監視しましょう。要件を満たさない製品は、早い段階で開発ライフサイクルから除外するようにしましょう。


Select Go-to-Market Candidates
Mobile. Social. icon モバイル、ソーシャル

最終候補を選定する

製品提案の最終候補を決定しましょう。決定した最終候補は、デスクトップ、タブレット、スマートフォンからマネジメントに提出し、承認を申請できるようにしましょう。


始めよう

お問い合わせ

エキスパートがお手伝いいたします

トピック別にサインアップ