企業意識調査レポート

~クラウドERP戦略的活用〜

ITRが実施した「企業のERP製品に関する意識調査」から見えてきたERPの動向を解説したホワイトペーパー。 今後のIT戦略立案の参考に、ぜひご覧ください。

Oracle ERP Cloudでビジネス上の意思決定を最善のものに

組織はビジネス・ニーズに応えながら、高額で複雑なシステムと、機能をカスタマイズし、柔軟である必要性との間でバランスを取ろうと常に努力してきました。お客様とお客様の財務チームが最善のビジネスの意思決定を下せるよう、Oracle ERP Cloudがどのようにチーム同士をつなげ、データを統合し、リアルタイムのインサイトを実現するかをご紹介します。未来のERPで現在の課題に対応しましょう。

クラウドへの移行ルート

インテリジェント・ファイナンスの実現に向けて

オラクルにはクラウドへの移行を支援する様々なルートが用意されています。例えば決算処理などの単独のビジネス・プロセスの効率化から始めてみましょう。次に、調達やプロジェクト管理などの事業部門の業務改善に範囲を広げてみましょう。あるいは、全面的に移行することで、ビジネスの全デジタル化によって実現する利益を享受することもできます。

ERPとEPMの再定義

企業はその規模の大小に関わらず、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)と統合業績管理(EPM)の両システムを利用して、会計、財務計画および分析(FP&A)、収益認識、企業統治、リスク管理、コンプライアンス、調達、プロジェクト、決算処理などを管理しています。クラウドへ移行することで、その変革は加速します。財務チームは、データ収集やレポート作成などの日常業務に費やす時間を減らし、付加価値を生み出す活動への時間を増やすことができます。最新のクラウド・アプリケーションでもたらされる有意義なインサイトを利用すれば、意思決定の精度が向上し、事業の将来像を形成できます。

検討する

ERPソリューション

業界別

業界を選択

業界別ERPソリューション

特殊な企業要件に対応する業界用ERPソリューションを活用しましょう。

企業規模別

企業規模を選択

企業規模別ERPクラウド

いかなる事業規模においてもNo.1のERP

課題別

課題別

課題を選択

必要としているのは、決算処理の高速化ですか。調達の近代化ですか。業務処理時間の短縮と、実用的なデータ収集時間の延長ですか。チームがどのような課題に直面していても、Oracle Cloudアプリケーションを利用することで未来的な財務機能を構築できます。

デプロイメント別

デプロイメントを選択

デプロイメント・オプション

どのような形でOracle Cloudをすぐに利用できるでしょうか。

単独のビジネス・プロセスのみを改善しますか。財務機能を効率化しますか。またはデジタル・ビジネスによるすべての利益の獲得に向かいますか。オラクルはそのすべてを実現できます。

ご存じですか 3.2倍

クラウド・デプロイメントはオンプレミス・デプロイメントの3.2倍以上のROIを実現します。

出典: Nucleus Research Report "Cloud Now Delivers 3.2 Times More ROI" 2018 (PDF)

ERPラーニング・ライブラリ

Compare Oracle ERP Cloud to Competitors
Oracle ERP CloudをWorkdayおよびSAPと比較

Oracle ERPがどれほど勝っているかをご覧ください。

Complete Guide to Modern ERP
最新のERPの完全ガイド

ERPソフトウェアは多くの企業の基幹システムです。

ERP Trends in 2018
2018年のERPのトレンド

財務リーダーたちが、現在使用しているクラウドERPと将来の計画に関するインサイトを語っています。

さらにERPリソースを見る
実績を見る

ERP Cloudの顧客事例

Trending

Read Our Blog Posts