申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

新しいB2Bのセールス・エクスペリエンス

もし、CRMシステムが真に営業活動に役立つものであれば、営業チームの効果はどれほど上がるでしょうか?次世代営業支援は、まさにそれを実現します。これらの最新イノベーションにより、オラクルはB2Bのセールス・エクスペリエンスを再考しています。Oracle Salesでは、CRMとの対話、見積りの効率化、より少ないクリック数でのより多くの作業、商談の迅速化などが可能になります。このイノベーションセットには、適応型検索、お気に入り、ワークスペースのインフォレット、Oracle CX Sales Mobileに搭載された新機能であるデジタル・セールスアシスタントなどが含まれています。これらの新しい機能については、以下をご覧ください。

適応型検索で見積りを効率化

システム間の切り替えをなくすことで、必要な情報をより早く見つけることができます。新しい検索機能により、営業担当者は販売機会、地域、アカウント、見積もり、アセット、製品、パートナーなどに関する主要な販売情報をすばやく発見・統合できます。適応型検索は、高パフォーマンスなグローバル検索とスマート・フィルタにより、CPQからの見積もり情報を含む関連性のある結果を、1秒未満で取得します。この一元化された検索は、標準的なCRMデータだけでなく、営業担当者がワークスペース内で関連する見積もりレベルの詳細を迅速に見つけ、アクセスできるよう支援します。

適応型検索内の見積もり

ワークスペースの検索結果から直接取引を進めることができ、次のようなアクションを可能にします。

  • 記録の更新やコピー
  • 通話の記録
  • タスクの作成
  • アポイントの作成
  • メモの追加
  • 商談割当ての実行
  • 記録の更新やコピー
検索結果内のアクションの一覧

適応型検索のメリットは、ワークスペースにとどまりません。複雑な検索を保存し、デスクトップ、モバイル、Microsoft 365など複数のシステムでアクセスできます。

適応型検索では、検索にかける時間を減らし、販売にかける時間を増やすことができます。

  • CRM、CPQ、ERPの各システムを横断して検索し、必要な情報を1つの画面に表示します。
  • 複雑な検索やフィルタを簡単に保存・保持し、後日アクセスすることができます。
  • 見積書の詳細項目をCRMのワークスペースに直接取り込むことができます。
  • モバイル、ワークスペース、Microsoft 365 で保存された検索を使用して、一貫性のあるエクスペリエンスを提供します。

Oracle Sales Force Automationの詳細

お気に入りを使って重要なデータを取得

お気に入りを使って、最も関連性の高いレコードを検索結果の上位に表示することができます。Oracle Salesは、各営業担当者の行動パターンやプリファレンスに関する情報を用いて、スマート・リストをインテリジェントに生成します。お気に入りをマークすることで、毎回、最も関連性の高いレコードがリストの上位に表示されます。お気に入りを使用すると、アカウント、連絡先、商談などの、最も重要なセールス・レコードを簡単に見つけることができ、デスクトップ、モバイル、Microsoft 365で共有できます。

マークしたお気に入りの下に、スマート・リストが緊急度や関連性などの要素でレコードをソートし、最も重要なデータをリストの先頭に表示します。

お気に入りは、探している情報を素早く見つけるのに役立ちます。

  • お気に入りのアカウント、連絡先、商談などをマークすることで、重要な業務に集中できます。
  • 最も関連性の高いセールス・レコードのキュレーション・リストを、あらゆるデバイスで入手できます。
  • ワークスペース、Oracle CX Sales Mobile、およびMicrosoft 365で、同じリストとお気に入りを確認できます。
Oracle Salesのワークスペースとモバイル・アプリでスマート・リストのお気に入りを表示

Oracle Sales Force Automationの詳細

ワークスペース・インフォレットでダッシュボードをカスタマイズする

汎用の画一的なダッシュボードから解放されることで、パイプラインで取引を進めるための迅速な対応が可能になります。もう、汎用のダッシュボードを設定するためにシステム管理者を頼る必要はありません。自分の仕事の仕方にあった方法で必要な情報を提供するダッシュボードを作成・設定できます。

セールス・ダッシュボードからアクションを起こす

ワークスペース・インフォレットでは、ワークスペースの機能をホームページで活用できるようになりました。セールス・ダッシュボードで直接、迅速なアクションが可能です。ホームページのインフォレット内でクリックするだけで、リードの受け入れ、見込顧客の選定、取引のランク付け、タスクの作成などを素早く行うことができます。日々の仕事がかつてないほど簡単にこなせます。

ワークスペース・インフォレットを使用すると、時間を節約し、取引を容易に管理できるようになります。

  • ワークスペースと同じように、ボタンをクリックするだけで、さまざまなアクションを実行できます。
  • 必要な情報やアクションに簡単にアクセスでき、セールス・サイクルを加速させます。
  • IT部門の助けを借りずに、独自のセールス・ダッシュボードを設定できます。
セールス・ダッシュボード内のアクションドリブンのインフォレット

Oracle Sales Force Automationの詳細

音声機能付きモバイル・デジタル・アシスタント

CRMと対話することで、タスクを簡単に完了させ、取引をより迅速に進めることができます。音声やテキストに応答するモバイル・デジタル・アシスタントを使用してCRMデータを入力し、作業をすばやく効率的に完了できます。Oracle CX Sales Mobileの会話型UIは、ユーザーの自然な話し方やテキストを理解します。システム言語を学ぶ必要はありません。

用事で外出するときも、見込顧客とランチをするときも、デジタル・アシスタントはモバイル端末からお客様サポートします。音声またはテキストで、会議のメモを記録したり、毎日の営業報告書にアクセスしたり、その他の作業を容易に行うことができます。

ワークスペースとモバイルで一貫したエクスペリエンスを実現

ワークスペースやインフォレットで利用できる保存済検索、お気に入り、スマート・リストが、モバイル端末の新しいセールス・アシスタントで利用可能になりました。営業担当者は、外出先でも強力なグローバル検索により、必要なレコードをすばやく簡単に取り出すことができます。

新しいモバイル・デジタル・アシスタントは、営業担当者の生産性を高めます。

  • 自分専用のモバイル・デジタル・アシスタントでCRMデータを簡単に入力できます。
  • 対話型音声コマンドを使用して、CRMデータを検索し、タスクを完了できます。
  • 自然言語による音声コマンドにより、空いた両手を使ってタスクがこなせます。
  • オフライン時も、どこからでもセールス・レコードにアクセスできます。
  • 一貫性のあるグローバル検索体験を通じて、いつでも、どこにいても、さまざまなデバイスを使用して必要なレコードを見つけることができます。
Oracle CX Sales Mobile内の会話

Oracle Sales Force Automationの詳細

Oracle Salesのイノベーション(11:00)

Oracle Salesは、どのようにして大規模にセールス・エクスペリエンスをパーソナライズするのでしょうか?

Advertising and CXのイノベーション(24:32)

オラクルのEVP、Rob Tarkoffによる、Oracle Advertising and Customer Experience(CX)の最新イノベーションの発表をご覧ください。

ラリー・エリソンと「CXの未来」(2:30)

オラクルは、CXリーダーがデータを新しい方法で捉え、変化する顧客の期待を上回るエクスペリエンスを提供できるよう支援します。

イノベーションの四半期ごとの最新情報

販売、サービス、およびマーケティング向けの最新Oracle Advertising and CXイノベーションをご覧ください。

デモに関心がある場合

お問い合わせ

詳細をご希望ですか?担当営業がOracle CXについてご案内します。