Oracle Content and Experience Cloud

クラウドで実現する
「便利」で「安全」な
デジタル・コラボレーション

~ファイル共有、ワークフロー、モバイル、ソーシャル、Webサイト作成~

医療機関における情報システムの安全管理・情報セキュリティの課題と対策

医療機関を狙ったサーバー攻撃件数は毎年増加しており、脅威は一層深刻化しています。医療の現場では、業務の外部委託は必要不可欠であり、情報の電子化が進む一方、それにかかわる人や組織の情報の管理、情報セキュリティに対する対策が求められています。また、厚生労働省発行の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」は、IT環境の変化に伴う改定が進み、医療機関はガイドラインの遵守に追われています。情報システムの課題対策として、オラクルの製品がどのように利用されているかご紹介します。

 

医療機関の情報システム課題と
Oracle Content and Experience Cloudによる解決策

院内ガバナンスの強化

■課題1.文書の管理・取扱いに関するガバナンス強化
✔各自でフリーのオンラインストレージを利用するケースもあり、文書管理におけるガバナンスを強化したい
✔メール誤送信による重要書面などの流出リスクを回避したい
✔USBによる情報共有も多く、紛失・漏えいのリスクを回避したい

■Oracle Content and Experience Cloudによる解決策1
院内/院外向けのセキュアな文書共有

複雑化する業務の最適化

■課題2.院内・院外共有文書における管理の複雑化
✔サイズの大きいファイルなど、メール添付できないケースがある
✔参照のみでの情報共有の場合でも、個人情報を削除するなど手間をかける必要が生じている
✔フォルダ管理が複雑化し、必要な文書を検索できない

■Oracle Content and Experience Cloudによる解決策2
日常業務の複雑化を解消

他職種/他施設との連携

■課題3.他職種間・他病院との連携不足
✔患者の様々な情報を共有しながら医療提供をする必要があるが、コミュニケーションが不足している。また、他病院での診療情報提供が不足し、コミュニケーションが不足に陥ることがある
✔介護ステーション、訪問診療、在宅医療など医療の形にも選択肢が増え、さらにモバイル端末などの発展により医療情報を持ち出すニーズや機会が増加している
✔転院などにともなう事務書類の送付

■Oracle Content and Experience Cloudによる解決策3
他職種/他施設とのスムーズな情報連携

 

解決策1.院内/院外向けのセキュアな文書共有

画像:Oracle Content and Experience Cloudによる解決策1.院内/院外向けのセキュアな文書共有
  • 【課題】院内ガバナンスの強化

    ■文書の管理・取扱いに関するガバナンス強化
    ✔メール添付できない大容量ファイルなどの共有において、各自でフリーのオンラインストレージを利用してしまうケースがある
    ✔文書共有をメール添付やUSBでおこなうため、メールの誤送信やUSBの紛失など情報の流出/漏えいリスクを回避したい
    ✔院外関係者ともセキュアな文書共有をしたい
    ✔PC上の必要文書をバックアップしておらず、業務に支障が出た

    【解決策】院内/院外向けのセキュアな文書共有

    ✔ファイル添付メールからの脱却。メール送信時にURLリンクで文書を指定
    ✔アクセス権限(閲覧のみ/ダウンロード可など)、アクセスコード、閲覧有効期限を設定できる
    ✔アカウントを持たない院外関係者(取引先/連携先など)とも追加ライセンスなしにセキュアな文書共有、院外からのアップロードが可能
    ✔必要なファイルやフォルダーをクラウドとPC間で自動的に同期
    ✔通信暗号化、ストレージ暗号化、アンチウイルス対応を標準装備

 

解決策2.日常業務の複雑化を解消

画像:Oracle Content and Experience Cloudによる解決策2.日常業務の複雑化を解消
  • 【課題】複雑化する業務の最適化

    ■院内・院外共有文書における管理の複雑化
    ✔ファイルサーバー上のフォルダやファイルの管理が複雑でごみ箱化し、必要な文書を検索できない
    ✔ファイル名による世代管理では、作業のタイミングなどにより整合性がとれなくなることがある
    ✔参照のみの情報共有でも、個人情報を削除するなど手間をかける必要が生じる
    ✔経営層が外出時、容易に必要なファイルを参照できない

    【解決策】日常業務の複雑化を解消

    ✔ファイルにメタデータを付与し検索を簡素化。全文検索も可能
    ✔自動バージョン管理
    ✔ファイルをダウンロードさせない「プレビュー」のみのアクセス権限を設定可能
    ✔スマートフォンやモバイル端末などからも利用可能

 

解決策3.他職種/他施設とのスムーズな情報連携

画像:Oracle Content and Experience Cloudによる解決策3.他職種/他施設とのスムーズな情報連携
  • 【課題】他職種との連携不足

    ■他職種/他施設との連携不足
    ✔転院などにともなう事務書類をセキュアに送付したい
    ✔他職種、介護ステーション、在宅・訪問診療など他施設の担当者との情報連携を迅速にしたい
    ✔在宅・訪問診療の訪問時の記録や写真を、帰社し院内保管するのに時間と手間がかかる
    ✔患者家族とのやり取りの記録、訪問時の記録など、各種情報の保管者、保管場所がバラバラで、緊急時に適切な情報を参照できなかった

    【解決策】他職種/他施設とのスムーズな情報連携

    ✔クラウドに一元管理された最新情報を、適切な利用者に場所やデバイスを選ばずに常に情報共有できる
    ✔訪問現場から、スマートフォンやモバイル端末で容易に情報をクラウドへアップロードできる
    ✔クラウド型ファイル共有サービスを利用することにより、院内の最新情報を、関係者間でセキュアに共有できる

医療機関向け資料ダウンロード

 

Oracle Content and Experience Cloud公開事例集
「国内外22社のファイル共有クラウド選定ポイントをご紹介」

Oracle Content and Experience Cloud
徳島県那賀町(1:38)

 

クラウドを活用して地方創生に取り組む!全町民8,900人。自然豊かな徳島県那賀町は、いかにして町おこしにクラウドを活用したのか? SNS発信から動画管理まで、簡単・安全活用の実例をご紹介


無料トライアル

 

Oracle Content and Experience Cloud
簡単スタートガイド 画面と操作方法(1:57)

 

オラクルのクラウド型ファイル共有サービスOracle Content and Experience Cloudのはじめ方、操作方法を簡潔にご紹介します。いつもお使いのPCと変わらないユーザインタフェースと一連の操作方法をご確認いただけます。

1)最初のログイン方法
2)クラウドへフォルダー作成
3)PCからファイルをクラウドへコピーする操作方法
4)PCとクラウド間の同期
5)チャット
6)プレビューへの注釈付け
7)モバイルからの利用