申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

OCIがお客様に選ばれる理由

Oracle Cloudは、すべてのアプリケーションにとってより優れたクラウドとなるよう、ゼロから構築された最初のパブリック・クラウドです。クラウド・コンピューティングにおけるコア・エンジニアリングとシステム設計を再考して、お客様が既存のパブリック・クラウドで抱えている課題を解決するイノベーションを生み出しました。私たちは、既存のエンタープライズ・ワークロードの移行を加速し、すべてのアプリケーションに優れた信頼性とパフォーマンスを提供しています。また、革新的なクラウド・アプリケーションの構築において必要な、包括的なサービスを提供しています。すべてのクラウド・ワークロードにおいて、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)がお客様に選ばれている主な理由は6つあります。

Mutual Materials、オンプレミスのE-Business SuiteをOracle Cloudに移行し、パフォーマンスが20%向上(2:30)

1. 重要なエンタープライズ・ワークロードを非常に簡単に移行

多くのエンタープライズ・アプリケーションにおいて、クラウドへの移行は難しいものとなっています。というのも、ほとんどの大規模(ハイパースケール)クラウド・プロバイダーは仮想マシンモデル上に設計されており、これらはコンピューティング・ハイパーバイザーとオーバーサブスクライブされたネットワークによってリソースを共有されているからです。このような古いクラウド・コンピューティング・アーキテクチャの場合、エンタープライズ・アプリケーションにおいて期待されるレベルのパフォーマンスと可用性を実現するには、通常、大幅な変更が必要となり、複雑性とリスクが懸念されます。エンタープライズ・アプリケーション、および他のパフォーマンスの影響を受けるオンプレミス・アプリケーションは、リソースを拡張するスケール・アップ・アーキテクチャ(スケール・アウトではない)や、超低遅延のネットワーク、リレーショナル・データベースへの恒久的な接続、可用性のためのリソースのクラスタリングなど、最適な環境で動作するように設計されています。OCIは、エンタープライズ・アプリケーションの要件を満たすために、主要なクラウド技術を用いて設計されました。

エンタープライズ・クラウド移行で成功を収めているお客様

Mazda logo
Mazda

アプリケーションを変更せずに、在庫管理システムをOCIに移行。コストを50%削減。

Alliance Data Systemsのロゴ
Alliance Data Systems

HCMと財務計画、60TBの主要データをOCIに移行。パフォーマンスは25%向上し、コストは40%削減されました。

7-Eleven logo
7-Eleven

13週間でコアERPおよびバックオフィス・アプリケーションをOCIに移行。OCIのみがデータベースのスケーラビリティおよび耐障害性の要件を満たすことができました。

2. モダン・クラウドネイティブ・アプリケーションの構築に必要なこと

OCIはエンタープライズ・アプリケーションに適した設計になっていますが、ネットワーキング、コンピューティングおよびストレージにおいても同様のイノベーションによって、クラウドネイティブ・アプリケーションのパフォーマンス、耐障害性および拡張性が向上します。OCIには、本番環境のクラウドネイティブ・アプリケーションを構築するうえで必要な、幅広いクラウド・サービスとパートナー・エコシステムがあります。


OCIは、開発ツールチェーン全体でさらに優れたクラウドとして設計されており、さまざまなパートナーシップによるクラウド・サービスをサポートしています。

3. 自律型サービスでは、アプリケーションのセキュリティ・チューニング・拡張を自動実行

自律型サービスでは、OSとデータベースのパッチ適用とパフォーマンス・チューニングを自動化できるように設計されています。設定ミスやうまく最適化されていない場合、パフォーマンスの低下や、不適切なセキュリティ・パッチの適用によって、システムの脆弱性が引き起こされる可能性があります。自律型サービスは、人的エラーのリスクとコストを低減するために、次の方法で設計されています。



新しいデータベースとコンピューティング・インスタンスのプロビジョニングの自動化


ユーザー・アクセスの構成の自動化


サービスの暗号化の自動化


オンライン・パッチの適用と更新の自動化


需要の変化に応じたリソース拡張の自動化


パフォーマンス・チューニングの自動化

Oracle Autonomous Services

オラクルでは、データ・ウェアハウス、トランザクション処理、ドキュメント・データベースなど、主要なデータベースのユース・ケースにAutonomous Databaseを導入し、この自動化とワークロードに応じたの最適化を行っています。また、オラクルはOSをAutonomous Linuxで完全に自動化しており、システムの稼働中にパッチやアップデートを自動的に行い、99.995%の可用性を実現しています。

Autonomous Data Warehouse iconOracle Autonomous Data Warehouse

分析および機械学習のワークロード


Autonomous Transaction Processing iconOracle Autonomous Transaction Processing

業務アプリケーションおよび混在するワークロード


Autonomous JSON Database iconOracle Autonomous JSON Database

ドキュメント・データベース


Autonomous Linux iconAutonomous Linux

自律型オペレーティング・システム

Red Hat Enterprise Linuxとの完全な互換性

自律型サービスをご利用いただいているお客様

Aon logo
Aon

Autonomous Data Warehouseによって、販売とマーケティングのデータ統合。オンプレミスよりクエリ・パフォーマンスを50~60倍高速化し、セキュリティを高め、週15時間の管理時間を節約しました。

Lyft logo
Lyft

30の財務システムと業務システムを信頼できる唯一の情報源を提供する新しい財務データ・ウェアハウスに統合。自動スケーリングによって、会計報告期間のピークと柔軟なコストのパフォーマンスを実現。

Siemens logo
Siemens

複雑なプロジェクト情報および管理システムをわずか2週間でクラウドに移行。オンプレミスと比較して、パフォーマンスを向上し、コストと時間を最大90%削減

4. Oracle Cloudは、ハイブリッドクラウド戦略を最大限サポート

私たちは、お客様のさまざまな導入オプションをサポートするために、Oracle Cloudのアーキテクチャを設計しました。お客様は、データ・センター内からOCIリージョン全体を実行したり、オンプレミスのVMware環境全体をパブリック・クラウド・リージョンに移行したり、ExadataRove EdgeなどのOCIサービスを必要な業務の現場に直接提供できます。オラクルはMicrosoft Azureとの独自の相互接続によって、世界中の8つのリージョンで低レイテンシで統一されたアイデンティティのマルチクラウド・サービスを提供しています。お客様がプライマリ・クラウド・プロバイダをすで採用していたり、先んじてクラウド導入をされていたりする場合でも、OCIのさまざまなハイブリッド・オプションの価値、パフォーマンス、統制によってビジネスをモダナイズできます。

ハイブリッド・クラウド戦略によるお客様事例

NRI logo
NRI

ミッションクリティカルなSaaSアプリケーションをDedicated Regionに移行し、日本の資本市場の企業の7割近くで利用されています。この結果、オンプレミス導入に比べて、コストと業務効率の両方の改善を実現しました。

Entel logo
Entel

ビジネス・アプリケーションとVMwareワークロードをOracle Cloud Infrastructureに移行。オンプレミスと比較して、インフラストラクチャ・コストは50%削減し、管理や監視業務は90%削減しました。

TIM Brasil logo
Tim Brasil

Tim Brasilは7,000サーバー、35,000コア、1,200データベースおよび15ペタバイトのストレージを移行予定です。コアシステムである課金、CRM、カスタムDBアプリケーションおよびVMwareをOCIに移行します。Oracle-Azure Interconnectは40Gbps、フェデレーテッド・アイデンティティおよび99.95%のSLAを提供します。

5. デフォルトで、セキュリティを組込み、追加料金なしで弊社のアプローチを使用

次世代のクラウドを構築するにあたり、単にアーキテクチャを改善するだけでなく、セキュリティなどの重要な属性も改善しました。ほとんどのパブリック・クラウドでは、アプリケーションが構築され、その規模や機能が大きくなるにつれて、アプリケーションやそれを実行するサービスにセキュリティが追加されていきます。セキュリティを確保したいアプリケーションには、さまざまなサービスが必要となり、サービスごとに価格が異なることも少なくありません。OCIでは、アプリケーションの構築や移行の最初の段階から、セキュリティをコア・エクスペリエンスとして設計し、セキュリティ・ツールのほとんどをお客様の環境の一部として無料で提供しています。


Oracle Cloudのコンプライアンス

オラクルには、複雑で急速に変化するビジネス環境や規制環境でグローバルに事業を展開できるように設計された、広範なクラウド・コンプライアンス・プログラムがあります。オラクルは、SOC、ISO、HIPAA、FedRAMPなどの第三者認証や、GxP、NIST、GDPR、FISCなどの規格に対する勧告を提供するために、80以上のグローバル・地域・業界別のプログラムを管理しています。データ・プライバシーに関する規制は地域によって異なりますが、OCIはPCI-DSSなどの基準に準拠するプログラムを積極的に維持しています。OCIは、デフォルトで地域別のサービスを提供し、プライバシー機能を追加しているほか、データ処理基準を公開し、法執行機関からの要請を定期的に報告して、プライバシーをさらに保護しています。

6. OCIの優れたコスト・パフォーマンス

Oracle Cloudを設計するにあたり、私たちはすべてのアプリケーションで優れたパフォーマンスを発揮するだけでなく、価格的にも優れたクラウドを実現しました。そのためには、グローバルに一貫した価格設定になっています。コンピューティングまたはストレージ・サービスのコストは、導入を簡素化するために、すべてのリージョンで一貫して少なくなります。私たちは、お客様に対して複数年にわたる大きなコミットメントを求めることなく、競争力のある価格設定を実現しました。また、セキュリティやコンテナ管理など、クラウドの中核となるような機能については、追加料金として請求するのではなく、コンピューティング・コストに含めるように設計しました。また、より高いパフォーマンスのネットワークを構築するだけでなく、お客様がマルチクラウド・ネットワークを構築して顧客にサービスを提供していることを考慮し、クラウド外へのデータの転送についても価格を設定しました。

サービスの価格設定だけでなく、より簡単なOracle Cloudとの連携の実現に向けた取り組みも継続的に行っています。オラクルは、最も包括的なSLAを使用してサービスを支えてきました。このサービスでは、可用性だけでなく、ネットワークおよびストレージ・サービスのパフォーマンスやAPIによるサービス管理能力も常に担保しています。またクラウドへの移行を簡単にするために、Cloud Liftのプログラムによってワークロードの設計、計画、クラウドへの移行を追加費用なしで対応しています。最後に、Oracle Support Rewardsによって、OCIの利用規模に応じて、ソフトウェア・ライセンスのサポート・コストを25~33%削減できます。

このように、OCIを採用する利点は多岐にわたります。たとえば、カスタマイズされたアプリケーションをOCIに移行するとしましょう。クラウド上でOracle Databaseを利用する場合は低価格なBring Your Own Licenseの価格を選択でき、アプリケーションを移行するための無料のエンジニアリング・サポートを受け、さらにOCIのボリューム・ディスカウントとSupport Rewardsの獲得によって全体的なコストを削減できます。

パフォーマンスとコストの観点でOCIを採用いただいたお客様

Cisco logo
Cisco

OCI上でセキュリティのSaaS製品を実行し、顧客ごとに何千ものワークロードを監視しています。60倍のパフォーマンス向上と、90%のコスト削減を実現しています。

8x8 logo
8x8

クラウドベースの大規模なWeb会議を毎月2,000万人のアクティブ・ユーザーに提供しています。OCIに移行して、20%のパフォーマンス向上と、ネットワーキングのコストを80%削減しました。

テキサス州のロゴ
State of Texas

州全体の規模のERPで15万人の従業員をサポートし、50%のコスト削減を見込んでいます。

 

OCI: すべてのワークロードに対応する総合的なクラウド・インフラストラクチャ・プラットフォーム

Oracle Cloud Infrastructureには、既存のエンタープライズ・ワークロードから新しいクラウドネイティブ・アプリケーションやデータ・プラットフォームに、すべてのITの移行・構築・実行のために必要なサービスがすべて揃っています。

開発者サービス

開発者サービス

開発者に使いやすいツールとサービスを使用して、モダン・クラウド・アプリケーションを構築、導入および管理

コンテナとファンクション

コンテナとファンクション

マイクロサービス・アプリケーションを高パフォーマンスでマネージド型のオープン・ソースのDocker、Kubernetes、Fn Functionsサービスに導入します。

アプリケーション統合

Application Integration Services

SaaS、クラウド、オンプレミスのワークロードをデフォルトまたはカスタムの接続で統合します。APIを使い、すべてのデータにアクセスできるようにします。

分析とBI

分析とBI

拡張分析による包括的なビジネス・インテリジェンスを獲得し、独自の分析情報によって組織の成長を支援します。

機械学習とAI

機械学習とAI

デフォルトの認識モデルや意思決定モデル、すぐに使えるチャットボットによって、アプリケーションとワークロードに対して簡単にインテリジェンスを追加したり、データ・サイエンスのサービスを使用して独自のモデルの構築・学習ができます。

データ・レイクハウス

データ・レイクハウス

最高クラスのデータ・ウェアハウスおよびデータ管理サービスと組み合わせた、Spark、Hadoop、Elasticsearch、およびKafka互換サービスに対応する包括的なプラットフォームによって、お客様のすべてのデータから新しい分析情報を得ることができます。

コンピューティング

コンピューティング

柔軟な仮想マシン(Flex VM)や高パフォーマンスのベア・メタル・サーバーからHPCおよびGPUまで、クラウド上でのセキュアで柔軟なコンピューティングを提供します。

ストレージ

ストレージ

オンデマンドのローカル・ストレージや、オブジェクトストレージ、ファイルストレージ、ブロックストレージ、アーカイブストレージで、重要なユースケースに対応します。

ネットワーキング

ネットワーキング

クラウド導入の核となる、カスタマイズ可能で分離された仮想クラウド・ネットワーク(VCN)にセキュアに接続できます。他のクラウド・プロバイダと比較して、25%のコストでデータ移行が可能です。

Oracle Databases

Oracle Databases

世界有数のコンバージド・マルチモデル・データベース管理システムであるOracle Databaseのコスト最適化された高パフォーマンスの自律型バージョンをクラウドで実行できます。

オープンソース・データベース

オープンソース・データベース

当社のマネージド MySQL サービスでは、最適な価格性能比で本番環境のグレードのアプリケーションを実行できます。MySQLに統合された唯一のインメモリ・クエリ・アクセラレータで、分析を超高速化します。

セキュリティ、監視容易性、管理、およびコンプライアンス

セキュリティ、監視容易性、管理、およびコンプライアンス

オラクルのセキュリティ・ファーストのアプローチと包括的なコンプライアンス・プログラムによって、クラウド上の大切なデータを保護します。オラクルは可視性と機械学習による分析情報を提供し、どこでも、すべてのテクノロジー上に導入されたスタックの全レイヤーの管理を簡単にします。

グローバル・クラウドのデータ・センター・インフラストラクチャ
34の商用および政府向けのリージョン | Cloud@Customer | 専用のリージョン | エッジ・デバイス

グローバル・クラウドのデータ・センター・インフラストラクチャ

グローバルでセキュアで高パフォーマンスの環境を提供し、すべてのワークロードの転送・構築・実行を実現します。ハイブリッドおよびエッジ・サービスは、専用の導入や、非接続や断続的な接続での運用、低レイテンシと高パフォーマンス、およびデータのローカリティとセキュリティを実現します。

ここから始めよう

Always Free Cloud Servicesを試し、30日間の試用版を入手

オラクルは、Autonomous Database、Compute、Storageなどの一部のサービスについて時間制限のない無料枠を設けています。また、その他のクラウド・サービスをお試しいただくために300米ドル分の無料クレジットもご用意しています。詳細をご確認のうえ、今すぐ無料アカウントにご登録ください。

  • Oracle Cloud Free Tierの内容

    • Always Free
    • 2つのAutonomous Database、それぞれ20GB
    • コンピューティングVM
    • 100GBのブロック・ボリューム
    • 10GBのオブジェクト・ストレージ

営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Infrastructureの詳細にご関心をお持ちの場合は、当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答します。

    • OCIで最適に動作するワークロードは何ですか?
    • オラクルへの投資全体を最大限に活用するにはどうすればよいでしょうか?
    • OCIと他プロバイダとの比較

Oracle Cloud Insider

最新の業界動向、ベスト・プラクティス、製品アップデートをお届けし、新しいトレーニング・プログラムや今後のイベントについてご理解いただけます。

エキスパートの視点

IDCなどの業界アナリストからクラウドのオプションの詳細を学びましょう。最新の戦略やソリューションについて、詳細で客観的な視点を提供します。