Oracle PaaSに関する記事

Oracle Platform as a Service (PaaS) Assets
オラクルのPlatform as a Serviceの最新情報

 

Oracle Cloud Platform 2015

Oracle Cloud Platform 2015

クラウド・アプリケーションの構築、拡張および統合を容易にする、包括的な統合サービス・スイートを提供します。

  • クラウドでのデータベースの活用
    Oracle Database Cloud Exadata Serviceは、フル機能のきわめて強力なデータベースとプラットフォーム・パフォーマンスを初めてクラウドにもたらしました。
  • オラクルのプラットフォーム戦略が、クラウドのエンタープライズにおける正当性を証明
    オラクルの新しいクラウド・サービスは、大量のIT業務をクラウドに移行することに関する疑念を消し去る強力なツール・セットとなります。
  • SaaSを孤立した状態で実行しない
    企業はクラウドとオンプレミス・システム全体の統合に重点を置いているため、SaaSおよびPaaSサービス間の統合が必然的に重要になります。
  • PaaSクラウドの知恵
    効果的なPaaSソリューションであるかどうかの判断基準は、PaaSソリューションがより高速で、より効率のよい開発サイクル、キャパシティ・オン・デマンド、プラットフォーム間の移植性、およびより簡単なモバイル開発を提供できるかどうかです。
  • 必要なクラウドを入手するヒント
    企業により大きな価値をもたらすためのクラウド・コンピューティングの活用方法を模索中ですか?これらのヒントを参考にして、必要とするクラウドの入手に役立ててください。
  • オラクルのクラウドの変革についてのオラクルの見解
    オラクルのCIOであるMark Sundayが、クラウドファースト企業へオラクルが変革したことで、どのようにこの変化の時代において先頭を行くことができているかをシェアします。
  • Cloud and On-Premises IT

    クラウドおよびオンプレミスのIT: "共存の時代"への準備はできていますか?

    クラウド・コンピューティングの3つの層すべてが従来のオンプレミス・システムと連携して機能するため、オラクルの新しいプラットフォームおよびインフラ・クラウド・サービスでは共存が容易です。

  • Platform as a Service
    PaaSへの投資を最大限に活かす方法をご存知ですか? 組織においてPaaSに対する準備がいつ完了するか、また成功する実装の開始方法の判断についてのエキスパートのアドバイスをお読みください。
  • PaaSへの注目
    IDCによると、platform-as-a-serviceのマーケットは、2017年までに170億ドルに達するとされています。会社としてPaaS導入の準備ができているかどうか、PaaSのベスト・プラクティスおよびPaaSの転換点についての詳細をお読みください。
  • ITの専門家が変化の真っただ中で生き残り、成功するために必要なこと
    IT専門家の役割は急速に進化しています。スマートな新しいソフトウェアとサービスにより、IT専門家が自分のスキルを最終的な収益につながる戦略的イニシアチブへと変えていくことが可能になってきています。このような変化から抜け出すIT専門家が、成功をつかむことができます。
  • クラウド統合への上位5つの障害
    クラウドの恩恵を享受するには、クラウド・アプリケーションが相互に統合されているだけでなく、オンプレミス・ソフトウェアとも統合されている必要があります。ただし、その達成は、5つの課題を克服することを意味します。
  • 発想から行動へのすばやい移行
    ビジネス・プロセス・オートメーションのPaaSにより、ユーザーはプロセスを自動化し、マルチチャネル・エクスペリエンスを迅速に提供できるようになります。このエクスペリエンスによって、従業員と顧客が同様に日常業務を楽にこなし、より生産的に働けるようになります。
  • Filling in the Holes in the Cloud

    クラウド内の穴を埋める

    一連の新しいOracle Cloud Platform製品ラインアップにより、クラウド内のアプリケーションを作成、管理するための完全なサービス・スイートをオラクルは提供できるようになりました。

  • クラウドによるモバイル開発の簡略化およびアジリティの向上
    モバイルPaaSアプリケーションを使用すると、企業はアプリケーションを開発し、さまざまなデバイスのユーザーに配布して、必要にときに更新できます。これらすべては、開発者や管理者を採用する必要なくおこなうことができ、急速に変化し続けるIT環境に遅れずついていくことができます。
  • データの活用により古いビジネスを廃業
    データ分析と直感の適切なバランスを見つけることはとても重要です。経験と直感は考慮すべき事項ですが、データを無視しないでください。データは、もっともその分野に精通したベテラン本人でも知りえない、それに類する事柄を教えてくれることがあります。
  • ラスベガス市がオープン・データを正しく活用している3つの理由
    オープン・データの目的は、政府機関への信頼の再構築を可能にする透明性です。ラスベガス市は、クラウドを活用し、ビジネス・ユーザーに配慮しながら、市民に対してシステムを確実に機能させることで、この運用を成功させています。
  • クラウド内の包括的で安全なビッグ・データ
    ビッグ・データは、急速に企業情報アーキテクチャを構成する必須の要素になりました。Oracle Big Data Cloud Serviceを使用すると、企業はビッグ・データの機能を高め、新しい機会をより簡単に探ることができます。

始めよう