Oracle Cloud Infrastructure

Oracle Cloud
エンタープライズ向けIaaSなら、
オラクルのクラウド
企業が求める真の拡張性、可用性

 

次世代クラウド・インフラ Oracle Cloud Infrastructure

画像:Oracle Cloud Infrastructure (IaaS) overall
  • 数十年にわたるエンタープライズ領域での経験により、企業のビジネスを支えるIT基盤のあるべき姿や・重要性を理解するオラクルは、IaaSの分野でも、エンタープライズ・グレードの可用性・拡張性・安全性と、セキュアなベアメタル、柔軟なコンピュート、ストレージ、ネットワークなど核となるインフラ機能セットを備え、エントリーからミッションクリティカルの高いワークロードまで、クラウドで実行できる機能をお客様に提供しています。

Oracle Cloud Infrastructureの優位性

Oracle Cloud Infrastructureは、その独自のアーキテクチャーにより、比類のないエンタープライズ・グレード可用性と拡張性を提供します。

クラウド基盤で高可用性を担保するアベイラビリティ・ドメイン

ミッションクリティカルなシステムに不可欠な高可用性を提供します。

画像:図 3つ以上のアベイラビリティドメイン
  • 相互に障害の影響を受けない、完全に独立したアベイラビリティ・ドメインが3つ以上
  • リージョン内のアベイラビリティ・ドメイン間は超高速、かつ低レイテンシーのネットワークで接続
  • ベアメタルマシンを提供するIasSでは業界唯一のアーキテクチャー

階層間で帯域不足が発生しないネットワークトポロジー

安定した帯域と性能を実現するネットワークトポロジー。

画像:図 Oracle IaaSネットワークトポロジー
  • アベイラビリティ・ドメイン内は、高速かつ低レイテンシーの予測可能なインターコネクト
  • Spine&Leaf型の高いスケーラビリティ
  • サーバー台数拡張は、上位Spineを拡張するスケールアウト可能なデザイン
  • ネットワーク、CPUのオーバーサブスクリプションのない安定した帯域と性能

迅速な立ち上げと拡張性に優れたコンピュート

Oracle Cloud Infrastructureのコンピュート・クラウド・サービス(Compute Cloud Service)は、スモールスタートで始められる仮想マシン環境から、高い性能を必要とするシステムに向けたベアメタル環境まで、お客様のビジネス要件にあわせてお選びいただけるさまざまなサービスをご提供しています。

Oracle Cloud Infrastructure - Compute

オンプレミス環境をそのままクラウドへ移行することを可能にします。エンタープライズの求める厳しい要件を満たす、高い性能とセキュリティ、可用性をパブリック・クラウドで実現できます。

画像:図 ベアメタル・クラウド
  • 選べる2パターンを提供
    ・完全な占有環境を提供するベアメタルマシン
    ・小規模利用可能な仮想マシン
  • 大規模ワークロードも安心
    高速サーバーとストレージ(Local NVMe SSD)により、データベースやビッグデータなどの大規模ワークロードも稼働可能
  • 優れたコストパフォーマンス
    ・1時間 ¥7.6/OCPU~
    ・Outboundデータ転送 最初の10TB無償、など

Oracle Cloud Infrastructure - Compute Classic

業界で一般的な仮想マシンを1コア2スレッドから提供しています。GPUやSPARCもご利用いただけます。 Oracle LinuxやSolarisに加え、 多様なテンプレートを提供しています。また、リソースの配置を共有ゾーンまたは占有ゾーンかを選択いただけます。

画像:図 コンピュート・クラウド・サービスの多様なテンプレート
  • Elastic Compute Cloud Service
    ・ リソースは共有ゾーンに配置、マルチテナント・ハードウェア
    ・ 1 OCPUから契約可能
    ・ 契約期間も1時間/1ヶ月/1年単位で選択可
  • Dedicated Compute Cloud Service
    ・ リソースは専有ゾーンに配置、シングルテナント・ハードウェア
    ・ x86サーバーは250 OCPUから。1年契約
    ・ SPARCサーバーは300 OCPUから。1年契約

仮想マシン群をそのままクラウド移行するRavello Cloud Service

既存のVMware環境を"そのまま"パブリッククラウドで実行することができます。面倒な設定・定義のしなおしは必要ありません。

画像:図 仮想マシン群をそのままクラウド移行するラベロ・クラウド・サービス
  • オンプレミスのVMware/KVM環境をカプセル化し、仮想マシンの変換、ネットワーク再設定なしに移行可能
  • 東京リージョンを含む世界中のクラウドに展開可能
  • オンプレミス環境を縮小、ハードウェアや仮想化ソフトウェア費用を削減

多彩なニーズに応えるストレージ

Oracle Cloud Infrastructureのストレージ・クラウド・サービス(Storage Cloud Service)は、エンタープライズの多彩なデータ保管に関するニーズに、優れたコストパフォーマンスでお応えします。

画像:図 ストレージ・クラウド

超低価格アーカイブ・ストレージ

  • 大容量/長期保管が必要なアーカイブデータ(メール, ビデオ, 研究データ等)、ビックデータ保管に最適
  • 価格:1TB ¥320/月

業界準拠のオブジェクト・ストレージ

  • Oracle Cloud環境での汎用ストレージ。オンプレミス環境のバックアップに最適
  • 価格:1TB ¥3,060/月

高速なブロック・ストレージ

  • コンピュート・クラウド・サービス(Compute Cloud Service)と組み合わせて使えるストレージ領域
  • 価格:1GB ¥5.1/月

性能とセキュリティを両立させたネットワーク

Oracle Cloud Infrastructureのネットワークは、より高速で、より安全・堅牢なセキュリティを両立する、エンタープライズ向けクラウドに相応しい信頼性の高いネットワークを低コストでご提供します。

  • Virtural Cloud Network:ソフトウェア制御による安全でプライベートな仮想クラウド・ネットワーク
  • IPSec VPN:VPNの一部としてIPSecトンネルを介した接続
  • FastConnect:企業のデータセンターと高帯域接続
  • Load Balancer:アプリケーションの可用性と性能を向上するプロビジョニング済ロードバランサ

Oracle Cloud at Customer

自社データセンター内でセキュアに運用したいが、パブリッククラウドのメリットも享受したい・・・とお悩みの企業に最適な選択が Oracle Cloud at Customerです。まさにいいとこどり。オンプレミスでもオラクルのパブリッククラウドが利用可能です。

自社データセンター内で利用できるパブリッククラウド

画像:図 Oracle Cloud at Customer
  • ハード/ソフトウェア/サービスをオールインワンで提供します
  • オラクルのパブリッククラウドと同じサービスをお客様のデータセンターでご利用いただけます
  • 同じアーキテクチャで極めて高い互換性があり、パブリッククラウドとプライベートクラウド間のマイグレーションも可能です
  • メンテナンスやモニタリングなど、オラクルがリモートで運用をご支援できます
各サービス活用例、推奨構成、参考価格など詳細は、Oracle Cloud Infrastructure製品カタログをご覧ください。

ためしてみませんか?TCO試算ツール

Oracle Cloud Infrastructureに移行すると、どれくらいのコストを節約・削減できるのか試算できるツールをご用意しております。入力にかかる時間は、ほんの数分です。
クラウドへの移行をご検討なら、ぜひお試しください。


お問い合わせはOracle Digitalまでお気軽に

Oracle Digital は、製品のご購入・ご導入に関する無料のご相談窓口です。
製品/サービス、価格などに関するご相談はお気軽に Oracle Digital まで。
トライアルに関するご質問にもスピーディにお応えします。

フリーダイヤル ☎ 0120-155-096
受付時間 月~金 9:00-12:00 / 13:00-17:00
(祝日および年末年始休業日を除きます)


Oracle Cloud無料トライアル

30日間有効な$300分のクレジットの取得からトライアル開始までの手順を、ステップ毎にご説明します。

今すぐサインアップして、30日間有効な$300分のクレジットを取得しましょう。
さまざまなサービス、構成を構築してお試しいただけます。ぜひご活用ください。